ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

MENU

クラウドワークスとランサーズどちらが稼げるか?


私のクラウドワーカー体験は初めは絶望だった

結構ブラック労働者です

私はある病気が原因で、会社勤めを辞めて自宅でインターネットを使った仕事に取り組むことになりました。私が始めを行ったのはアフィリエイトでしたが、全く稼ぐことが出来ずすぐにライターの仕事に移ったのです。

 タイピングスピードにはある程度自信がありましたので、すぐに20万円ほど稼げると意気込んでいたのですが、実際ライターの仕事をしてみると非常に単価が安くほとんど稼ぐことはできませんでした。またクライアントさんから難癖をつけられて報酬を支払ってもらえない事態にもなったこともあります。

そんな時に出会ったのがクラウドソーシングのライターの案件で、クライアントさんから必ず報酬が支払われることに満足し、クラウドソーシングでライターの仕事を行っていくようになりました。

初めのうちはほとんど簡単な案件しか書くことが出来ず、毎月の収入は3000円ほどでしたが。次第にコツを覚え収入が3万円ほどに到達しました。

フリーランスの平均年収

f:id:yasuisoutarou19:20170604072724p:plain

引用:http://www.lancers.jp/magazine/18238

フリーランスの人でも稼いでいる人は多くの収入を得ているようです。副業でするなら1ヶ月3万円ほどですので、本業の人とはまったく違ってきます。私の場合でも、本気でクラウドソーシングを利用すれば、年収は200万ほど稼げそうな形です。

フリーランスの平均仕事時間

f:id:yasuisoutarou19:20170604072747p:plain

引用:http://www.lancers.jp/magazine/18238

仕事時間はスキマ時間や副業の方は本当に少なく時間でお小遣いを稼ぐような感覚ですね。私の場合は1日1時間で、月にすれば30時間以内ぐらいです。クラウドソーシングは仕事時間が自由になりますので、好きなように働けるのが理想ですね。

なんとか月10万を稼ぐことに成功

私はクラウドワークスとランサーズを併用してライターの仕事をしていましたが、1日に7時間ぐらい文章を書くことで月収10万円を達成することがついに出来たのです。

しかしよく考えてみると、時給計算ではほとんどアルバイトの仕事以下ぐらいですので、その分ライターの仕事はストレスが非常に溜まってしまいます。私はライターの仕事をしている間幸せをなかなか味わうことができない体になっていました。

このまま仕事を続けていれば精神病になってしまうと思い、ライターの仕事をセーブすることになったのです。しかし今までのノウハウとテクニックがありますので、現在では毎日1時間の作業で月に3万円ほどの収入を得ることができています。

なぜこれほど時給が高く保って仕事が出来たのかといえば、今まで経験した中で簡単で報酬の高い仕事を中心的にやっているからです。また音声ライティングという方法で文章を書いていますので、500文字ぐらいならば僅か2分でライティングすることが出来ます

ランサーズとクラウドワークスの詳細データ比較

f:id:yasuisoutarou19:20170604065642p:plain

引用:http://xn--gckre1a3a5eyl4cwd4140f14od.net/

どちらも株式を上場している超人気クラウドソーシングのサービスです。クラウドワークスは初心者の人でもこなせる案件が非常に多く、審査も緩めですので多くの主婦や学生がお小遣い稼ぎの目的で利用しています。

その反面ランサーズはプロの人やセミプロレベルの人がとても多いのが特徴です。単価の安い仕事ならクラウドワークスで、高単価の仕事ならランサーズという風に住み分けがある程度されています。自分のレベルに合わせて仕事を受注することが出来ますので、うまく使い分けて収入確保に努めてくださいね。

クラウドワークスの特徴

クラウドワークスはクラウドソーシングの最大手で、会員数も非常に多くライティング案件もたくさんあります。しかし案件の単価がランサーズと比べれば低いのが普通で、なかなか高額案件に巡り会うことは難しくなってしまいます。

クラウドワークスの最大のメリットは、やはり手数料がライティングのタスク案件だと0円だということです。よってランサーズよりも手数料が0円なので稼げる計算になります。

少し案件の検索に手間取りますが、良い案件さへ見つけることができれば結構な収入になりおいしい仕事をすることが出来ますよ。

ランサーズと比べるとクライアントさんが甘い人が多いと印象を受けましたので、結構承認率も高くなっているようです。初心者の人ではランサーズよりもクラウドワークスの方がライターとして稼ぎやすい印象があります。

  • 単価が低いが案件数が多い
  • 副業やお小遣い稼ぎでも十分
  • 少し案件の検索に難がある
  • 口コミや体験談などの初心者向けの案件も多い
  • 手数料金が0円
  • 高額案件があまりない

ランサーズの特徴

ランサーズの特徴は、報酬単価が非常に高い案件が結構たくさんあって、多くのお金を稼ぐには非常に高都合です。しかしある一定のライティングスキルを満たさないと承認されない案件も多くありますので、初心者の人にとっては少し敷居が高くなるのがランサーズです。

しかしライティング案件の探しやすさや、クライアントさんと人間関係を築くためのインターフェイスはクラウドワークスよりもはるかに優れていますので、使いやすさの面では圧倒的にランサーズに分があります。

ランサーズは手数料が20%かかってしまいますので、報酬の面では支払われる額は少なくなってしまいますが、それでも単価が高い仕事がゴロゴロ転がっている場合が多く、仕事をする上では稼ぎやすい印象があります。

  • 高額案件が見つかりやすい
  • 少し難しいライティング案件が多い
  • 案件の検索がやりやすい
  • お気に入りのクライアントさんの案件を見つけやすい
  • 手数料金が20%

とにかく単価が低くては話にならない

私の経験ではとにかく単価が低い仕事ばかりしていては、ほとんど月収での稼ぎは少なくなってしまいます。一生懸命長時間仕事をしても、1万円ほどしか稼げない人も多くいますので、ある程度単価が高くないとやる気も起こりません。

1ヶ月に1万円程度の収入ならば十分だという人は、私はクラウドワークスをお勧めします。アンケートや口コミ、体験談などの案件も必要に豊富で、手数料がないので結構気軽に仕事をすることが出来ますよ。初心者の人にはうってつけだと思います。

しかし本格的にライターとしてステップアップしていきたいのならば、ランサーズできちんと仕事をすることが将来的には価値があります。ランサーズは遊び半分では仕事が出来ないので、きちんとライティングスキルを高めてクライアントさんの求めるレベルをクリアしていかなければなりません。

副業ならありかも

クラウドソーシングを今後始めようと思っている人は、本格的なクラウドワーカーとしてデビューするべきです。本業並みの努力と実力が必要となってくることは言うまでもありません。

ライターとしてもきちんとした文章表現が出来、簡潔でわかりやすい内容で記事を書かないといけません。それにはお小遣い稼ぎなどの気軽な考えではなかなか難しくなってしまいます。

しかし副業としてクラウドソーシングを利用するならば、簡単な案件だけで仕事をすることで月1万円ぐらいならば十分に稼げてしまいます。 副業としてクラウドソーシングをやるつもりならば非常におすすめであります。

ほとんどのライターは月5000円も稼いでいない

クラウドソーシングを使ったライターの平均月収というものは、5000円も平均月収で稼いでいないと思います。1か月のランチ代を稼いだりタバコ代を稼いだりしている人が非常に多くいるのだと思います。

気軽な気持ちで仕事をするならば、是非クラウドワークスで仕事をしてみてください。初心者向けの案件がたくさんあります。暇な空いた時間だけ仕事をするだけでもそこそこのお小遣いにはなりますよ。

10万稼ぐには結構な根気と努力が必要

10万円を稼ごうと思ったら、プロフェッショナルな仕事をしていかなければほとんど無理があります。クラウドワークスとランサーズの高額案件を狙って仕事をすることが最も近道ではありますが、結構な労力と体力が必要となってきます。

私も月10万円稼いでいた時には結構毎日が必死でなかなかゆっくり出来る時間もありませんでした。それだけ文章を書くというのは体力をすり減らして大変な作業です。

良い案件を抑えるかが全て

ある程度の金額を稼ごうと思えば自分の理想の案件を抑えることが一番です。自分の好きな分野で自分に優しいクライアントさんに出会うのことが全てと言っても過言ではありません。

長くお付き合いしてくれて単価報酬をアップしてくれるクライアントさんと出会えば、それほど努力をしなくてもある程度のお金にはなると思いますよ。

良い案件に出会ったら専属で仕事をさせて下さいとこちらから提案することも重要です。お小遣い稼ぎや副業程度ならばタスク案件を中心に仕事をしていればいいだけです。

私は風俗系の案件で稼いでいます

私は現在風俗案件の仕事をしながら月3万円ほどの収入を、毎日1時間の作業で稼いでいます。単価が非常に高く、調べ物の案件ではありませんので短時間でボリュームをこなすことが出来ます。

皆さんもクラウドワークスやランサーズで自分のおすすめ案件を是非探してみて下さい。一度良い案件に巡り会えれば、長い間楽に仕事をすることが出来ますよ。

最終的にはどっちなの?

最終的にクラウドワークスとランサーズはどちらが良いのかといえば、初心者の人にとってはクラウドワークスがオススメで、将来プロフェッショナルな仕事をしたい人はランサーズが理想です。

しかし両方のサイトをうまく使いながら自分に最高の案件を探して仕事をするというのも良いのではないでしょうか?是非クラウドワークスとランサーズの良い部分を利用して、ライターの仕事を成功させてほしいと願っています。

クラウドワークスとランサーズの両方で仕事をすると結構良い案件に巡り会える
クラウドワークスは初心者向けですのでお小遣い稼ぎや副業には最適
ランサーズは少し難しい案件が多いので、スキルアップには最適

それでは頑張ってください!

追記 クラスドワークで稼いでいる人のツイート

クラウドワークづは仕事の単価が低いのが特徴ですが、スキマ時間を使って記事作成などの仕事をすれば、1ヶ月に数万円程度は稼ぐことが出来そうですね。クラウドワークスには若い主婦や学生の人が多く登録しているので、記事が案外承認されやすい傾向にあります。ランサーズと比べると簡単な案件が多いのが特徴みたいですね。

ランサーズで稼いでいる人のツイート

ランサーズはクラウドワークスと比べて、仕事に求められるレベルが少し高く、敷居が高い印象を持ちます。ランサーズでは月20万円以上稼いでいる人もかなりの数いますので、本格的にフリーランスとして働くにはもってこいですね。私も実際ランサーズで、每日1000円ぐらいの仕事をしており、月3万円ほどは楽勝で稼ぐことが出来ています。クラウドワークスで慣れてきたらランサーズで仕事してもよいのではないですか?