ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

MENU

ライターの副業一本で食べていくための最も理想的な方法


自宅で仕事が出来れば男性は最高の幸せを手にします

自宅でパソコンで仕事

男性は社会人として家の外に働きに出なければいけないという考え方が当たり前のように定着していましたが、最近ではインターネットを使って自宅で仕事をする人たちも増えています。

 ではインターネットでどのような仕事が出来るのかと言えば、ホームページを制作したりロゴを作ったりライターとして仕事をするなど様々な働き方があります。

その中でも一番取り組みやすく初心者からでも実践出来るのがライターの仕事です。ライターの仕事はパソコン一台あればすぐに仕事が出来ますので、初心者の方でも初期投資費用がかからずおすすめの副業となっています。

ライターの仕事をうまくこなせば、自宅にいるだけで生活資金を稼ぎ出すことが出来ますので、本当に楽チンでこれほど夢にまで見る職業は他にはありません。

ライターと言っても実に仕事の分野は様々あります

ライターと言ってもブログの記事を書いたりまとめサイトの記事を書いたりクラウドソーシングで仕事をしたりと実に様々な働き方があります。

  • クラウドソーシングで個別案件を扱う
  • クラウドソーシングでタスク案件を扱う
  • 直接クライアントと仕事の契約を行う
  • まとめサイトで記事制作者として仕事をする
  • 自分でブログを作りブロガーとなる

基本的にクラウドソーシングでライターとして仕事をすることは、自分の書いた記事をクライアントに納品しなければなりません。その時点でもう自分の記事ではなくクライアントさんの帰属する記事となってしまいます。よってその記事を利用して永続的にアフィリエイト収入などを稼ぐことは出来ません。

しかしこれが自分のブログ記事だったりまとめサイトの記事だったりすれば、永続的な収入を毎月確保出来るようになってきます。これが一般的に言われるweb ライターとは違って、自分の資産である記事を作っていくことで永続的な収入を生み出していく事になるのです。

クライアントさんに自分の作った記事を納品するばかりの仕事をしていれば、全て単発で仕事が終わってしまいますので、将来的に美味しい思いをすることはあまりありません。

この辺りのことを十分考えて、自分がどのような形でライターとして働いていくか、フレームワークを作っておくことが重要となってきます。

私の理想のフレームワーク

  • クラウドソーシングでの収入30%
  • まとめサイトでの収入30%
  • 自分のブログからの収入40%
  • 上記を全て合わせた仕事時間が1日2時間から3時間
  • 月収は10万円

クラウドソーシングを押さえておくのが王道です

クラウドソーシングは直ぐにお金になる仕事が山ほどありますので、これを基本としていつでも仕事が出来る準備をしておけばお金に困るようなことはほとんどありません。

私の場合でしたら毎月の収入の1/3をクラウドソーシングのライターの仕事で稼ぎ出しています。仕事時間は毎日1時間ぐらいですが、何時でも案件がありますので、仕事をする上で困ることは全くないのです。1つの保険のような形でクラウドソーシングを考えています。

まとめサイトも暇があれば挑戦してみてください

また最近話題となっている キュレーションサイトのまとめサイトは、自分が記事を書けばそれが永続的に収益を発生させてくれます。しかし1アクセスごとの単価が非常に低いのでなかなか大きな収入になるには時間がかかってしまいます。

このまとめサイトを長期的な視野で記事を作成していけば、毎月楽して多くの収入を確保することが出来ます。一度まとめ記事を作ってしまえば後はほとんどほったらかしでも収入を発生させてくれますので、毎日の仕事時間が一気に短縮して行くのです。

初めのうちは記事を作るのに相当時間がかかってしまいますが、将来的に今の仕事時間が1/3ぐらいになる可能性もあり、まとめサイトで多くのアクセスを上げることが出来れば将来的に相当美味しい思いが出来るのです。

自分のブログの資産があれば非常に楽チンです

最も理想的で収入で単価が高いライターの仕事と言えば、それは当然自分のブログを持つことであります。自分のブログに google アドセンスやアフィリエイトのバナーを貼ることで、高い収益を確保することが出来るようになります。

しかし自分でブログを作って収益をあげようと思えば、プロフェッショナルなスキルと知識が必要となってくることは間違いありませんので、ある程度勉強をして取り組んで行かなければなりません。

自分のブログが資産になり、毎月一定額の収入を確保することが出来るようになれば、毎日30分の時間を使って記事を書くだけで月20万円ほどの収入を得る人も多くいます。非常に競争が激しい世界ですので、ある程度継続的に良い記事を書かなければなりませんが、成功すれば相当大きな見返りがあるというわけです。

難しい案件に手を出すということはブラック労働者になる可能性が高いです

ライターの仕事は、あまりにも難しい案件に手を出したり難しいことを書こうとすれば、非常に時間効率が悪く時給も悪くなるのが当たり前です。自分が出来ることからコツコツと仕事をするタイプが非常に望ましく、手の届かない案件や仕事に飛びつかないようにしてもらいたいと思います。

まとめサイトやブログの記事でも自分が得意分野としている記事を書くようにすれば、ほとんど労力なく仕事をこなすことが出来るようになりますよ。

クラウドソーシングの仕事でも、自分の得意分野の仕事を重点的にやっていくようにしてください。そうすれば勉強することも少なくなりますし、得意な分野で自分の才能を発揮することが出来るようになります。

1か月どのくらい稼げば生活していけるかどうか考えておく

ライターの仕事をする前に、前もって自分は一ヶ月どのくらいの生活費がいるのか計算してみることをお勧めします。それに応じて何をしていくのかを計画的に考えて実践することが重要です。

夢みたいな事ばかり考えていたら、副業としてライター一本で食べて行くことが出来なくなってしまいますよ。現実的な考えのもと行動を起こすようにしてみてください。