ブログで田舎暮らし!

田舎でインターネットで収益を上げながら田舎暮らしを満喫しています。食べるのが大好きで、グルメ関連の記事を書いたりしながら楽しく每日を送っています。デカ盛りやワンコイングルメが大好きで、最近太り気味で困っています。人生から食を失くしてしまえば生きる価値がなくなってしまうと感じています。

MENU

田舎の良さを解説!人間関係がいつも同じ人である

目次

田舎は人間関係が非常に狭い

Grandmother

田舎で生活するということは人口があまり多くなく、いつも同じ人と一緒に生活しているような環境となってしまいます。都会の人ならばどことなく寂しい気分になるかもしれませんが、田舎は田舎なりの人間関係の良さを感じることが出来ますよ。

ざっくばらんに多くの人たちと付き合うことを求めている人は、田舎の生活は少し苦しい状況になるかもしれませんが、濃い人間関係を求める人にとっては最高の場所です。

自分の家庭の事情などあらゆることを地域の人が何でも知っているのが田舎でありますので、田舎で隠し事をすることはほとんど出来ません。人を遠ざけてしまえば当然田舎の人はあまり快く思ってくれないのでフレンドリーに付き合うことが重要です。

いつも同じ人と顔を突き合わせて生活しなければならない

 

若者であったら田舎の狭い人間関係にある程度うんざりする人もいるかもしれませんが、新しい出会いというものがほとんどありませんので、それはそれなりに安定感があり生活しやすいと感じる人もいます。

よくNHK のテレビの朝ドラで田舎を舞台にした番組が多く作られていますが、テレビドラマのような大げさな人間関係というものは少ないかもしれません。それでも田舎の人はとても親切で人間味がありますので、都会で生きている時よりも遥かに生きている実感を持つことが出来ますよ。

少しでも仲良くなれば、自分の畑で採れた野菜を差し入れしてくれたりしますし、釣った魚でもすぐに分けてくれます。何か悩み事や相談事があれば親身になって聞いてくれますので、田舎の人間関係というものは本当に地域の共同で成り立っていると実感しています。

新鮮味がないが安心感が非常にある

新鮮味はさほどありませんが、それでも深い人間関係を築けるので人間味のある人間関係に飢えている都会の人にとってはとても最高の場所だと実感できるでしょう。

私は初めはあまり人間関係を持つのが苦手な部類の人間でしたが、田舎で生活している中で田舎のおばさんなどと気軽に話すことが出来るようになり、人間恐怖症が和らぎました。自分のトイレのドアが開かなくなった時でも、すぐ近くの木工所のおじいさんが無料で直してくれたことを思い出します。

狭い人間関係の中で仲良くする事が出来れば天国である

狭い人間関係は人間関係がドロドロして付き合いにくいと感じる都会の人も多いと思いますが、それでもあるけど気心が知れて仲良くなって行くと、本当に天国のような状態になります。

都会の人のように自分を着飾って大げさに演技をしなくても、普通の素のままの自分で付き合うことが出来るのが田舎の人付き合いの特徴です。

気心が知れて家族のように付き合うことができるので安心で安全

私は田舎で生活し始めて今まで自分の家族だけが大切でありましたが、周り近所の人達の事がある程度気にかかるようになってきました。私の家の前に住んでいるおばあさんは今年で93歳になるご高齢の人ですが最近足を折って病院に長らく入院していました。

私にも声をかけてくれたり話をしてくれたりと気さくなお婆さんだったので、そのおばあさんが入院から帰ってくるとすぐにお見舞いに行ったことを思い出します。その時におばあさんは涙ながらに喜んでいました。田舎ではこのような素朴な人間味あふれる人間関係が特徴です。

地域で助け合う文化が浸透している

何か問題やトラブルが起これば地域が共同して助け合っていくのが田舎のスタイルですので、都会に住んでいる人はテレビドラマによく似たような人間的な部分を感じることが出来ますよ。

本当に田舎って素晴らしい人間がたくさんいます。でも田舎に移住した時はきちんと自分のことを話さないと話題の的になってしまいますよ。自分たちの地域の仲間だと認めてもらえば最高の天国が田舎では広がっています。