読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで田舎暮らし!

ブログで小金を稼いで田舎暮らしを実践しています。田舎生活はお金がかからず自然を満喫出来て最高の自由を味わうことが出来ますよ。ぜひブログで収益を上げて田舎生活を実践してみましょう!

MENU

田舎暮らしの鉄則!街で激安スーパーを探しておけ

目次

田舎は結構食材が安いようで高い

@Supermarket


田舎に住んでいると、田舎にあるスーパーや八百屋さんというものは案外競争が激しくないので価格が高い傾向にあります。

私の場合は主に道の駅と街中にある激安スーパーに通って必要な物を購入している生活スタイルを取っています。

街に出ればスーパーがたくさんある

 

街中に出るとスーパーが全部で7件ぐらいありますので、その中で激安スーパーを探せば3件ほど探すことが出来ます。私がよく通っているエブリというスーパーは、普通のスーパーよりも3割ぐらい金額が安く、生鮮食品や野菜関係もびっくりするほど大きくて低価格です。

両親が買い物に行く時には私も車に乗って一緒に買い物に行きますので、その時には道の駅を利用することもあります。しかしエブリというスーパーは道の駅の価格と比べても全く見劣りすることもなくさらに安い商品もたくさん置いてあります。

食パンなんて普通の食パンの倍以上の大きさで同じ価格で販売されているので、本当に節約生活をする上ではありがたい店となっています。またシニアデイやメンズデイなどがありますので、その時にたくさん購入することで割引価格が適用されます。

現在ではその他のスーパーに行くことはほとんどなく、道の駅どエブリという激安スーパーでほとんどの商品を購入している運びとなっています。

街の激安スーパーを2件ぐらい押さえておく

私の街のその他のスーパーには、業務用スーパーがエブリのすぐ横に立っていますので、買い置きが出来る商品は業務用スーパーでもたまに購入しています。保存が効く商品は業務用スーパーで買った方がはるかにお得で使い勝手が非常に良く節約にはもってこいです。

例えば普通のネスカフェのコーヒーを購入すれば、700円近い金額がかかりますが、ベトナムコーヒーを買えばなんと350円で同じ量が買えるのです。

上手く頭を使って激安スーパーや業務用スーパーを利用すれば、毎月かかる食費が4割ぐらいはカット出来る計算となっています。後は自分の家庭菜園で採れた野菜や地域の人から貰った野菜などを使って食費を下げる取り組みをしています。

私の親戚が農家で米を作っているので、新米の米を普通の金額の半額ぐらいで頂いています。もち米などは無料でくれますので本当に助かります。

基本的に田舎暮らしではまとめ買いが理想

田舎暮らしでは基本的にまとめ買いをする場合が多く、大体3日から4日ぐらいの食料品を購入しています。都会に住んでいた時は家族4人暮らしで毎月の食費が6万円ぐらいかかっていましたが、現在は3万5千円ぐらいで済んでいます。

食費の節約を徹底的に行っていけば、本当にびっくりするような節約に行き着くことがありますので、やっていてとても楽しく面白いです。

私はお米が大好きなので毎日朝ごはんには2杯のご飯を食べるようにしています。卵焼きとご飯と味噌汁があれば私はそれで十分な人間ですので、毎朝食事をとるのが楽しくてたまりません。

不必要なものは出来るだけ買わないように心がける

私が田舎暮らしで徹底的に気をつけていることは、無駄な物を絶対に購入しないということです。初めに必要なものを紙に書き出し、それ以外の食材は超大安売りの時以外は購入しないようにしています。

無駄なものを見ただけですぐにカゴに入れてしまえば、いくらでも欲しいものが増えてきますので、無駄なものを結局購入している場合が非常に多いことに数年前に気づきました。

今では田舎暮らしをしながら毎日おいしく食事を頂いています。畑で採れた野菜などはどれも甘くて新鮮で美味しいので、本当に田舎に来て野菜好きになりました。体重は田舎に来て10キロぐらい増えてしまいましたが、それだけご飯を美味しく食べている証拠だと思っています。