読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログで田舎暮らし!

田舎でインターネットで収益を上げながら田舎暮らしを満喫しています。食べるのが大好きで、グルメ関連の記事を書いたりしながら楽しく每日を送っています。デカ盛りやワンコイングルメが大好きで、最近太り気味で困っています。人生から食を失くしてしまえば生きる価値がなくなってしまうと感じています。

MENU

マニュアルの人生なんてクソ食らえ!都会から田舎に移住した私の考え方

目次

都会は競争社会の中で生きていかなければならない

Shibuya

私は岡山県の倉敷市に生まれ街の世界で幼少期を過ごしてきました。私は小さな頃から両親に勉強しろとしつこく言われ、毎日学校と塾を行き来するそんな子供だったのです。

あまりやりたくないスポーツもしなくてはならず、私は子供ながらに自由な時間をほとんど親の崇高なの目的のために費やしていたのです。

もっと子供らしく他の子供達みたいに遊びながら幸せな人生を選びたいと常に思っていましたが、私の望みは全く叶うこともなく、親の都合のよい人生のために自分を奉仕しているようなそんな人生を歩んでいました。

私は強制的にも競争社会の中に叩き込まれ、戦いたくもない相手と一生懸命戦いながら自分の成果をあげていたのです。

私はスポーツも勉強も出来るエリート学生でしたが、本当の自分は全く満足することもなく幸福を味わうこともほとんどありませんでした。

競争して人に勝利したところで何も私には得るものはなく、ただ虚しい結果だけがつきまとっていたのです。私は優秀な学生として多くの人たちから憧れる事になり、私は本当の自分を表現する場所を失ってしまったのです。

多くのお金を稼いだ人が勝者になり敗北者が必ず生まれる

 

私の両親の親戚も多くのお金を稼いで社会的に成功しなさいといつも言われていました。私はそれほど物欲というものが多くなく、多くのお金が必要だと感じたことはありませんでした。

どうしてもたくさんのお金を稼いでお金持ちにならないといけないと言う考え方が抜けきらず、一流サラリーマンにならないといけないと常に自分を支配していたのです。

私の両親や親戚も多くのお金を稼いで社会の勝者となる生き方を選択していましたが、私は社会に進出するのではなく自分らしく自分のやりたいことをやって質素に生きる生活を夢見ていました。

大学時代には親に反発して遊びほうけていましたが、自分でもきちんと自立するだけの人間的なものが全くなく、自分を完全に見失った状態になっていたのです。

その頃から精神的におかしくなってしまい自律神経出張症の病を併発してしまいました。

私は社会の中で敗北者となったような感覚を持ち、エリート人生から一気に社会の最底辺へと沈没して行ったのです。

学歴やお金だけが人生を幸せにするものではないと感じる

私は大学を中退して実家に帰り、それからアルバイトをしたり派遣社員として働いたりしていましたが、両親はきちんとしたサラリーマンにならないといけないと常に私を脅していました。

私は第三セクターの社員としてサラリーマン生活を始めましたが、全く幸せを感じることもなくただ社会と親の奴隷として生きているような感覚を持っていたのです。

自律神経失調症の病気も全く改善する見込みもなく、私は医者に通いながら先生に相談をすることにしました。

お医者さんの先生はとても優しく、少し社会的な考え方をなくして療養生活をしないとなかなか病気は治らないと私に宣告してくれました。

私の両親もお医者さんの先生の言葉には従っていましたので、私はサラリーマン生活を辞めて自宅で療養生活をすることになったのです。

何とか自分でお金も稼がないといけないと強く思っていましたので、私はインターネットで自分が生活するぐらいの収入を稼ぐことを考えていました。

現在ではインターネットで毎月7万円から10万円の収入を稼げるようになっています。仕事時間は1日1時間ぐらいで非常に効率的に収入を上げることが出来るようになっています。

文明社会はどうしても多くのお金が必要となる

文明社会の中で生きているとどうしても必要以上のお金を消費してしまい、厳しい労働を余儀なくされる可能性がとても高くなってしまいます。

私はいつも結婚もしていないし子供もいないのでそれほど多くのお金を稼がなくても良いと感じていましたが、何故かもっと収入を上げないとダメだと支配観念が私に降りかかってきます。

現在では毎月10万円以上のお金を稼がないように仕事を調節しながらのんびりと道楽生活を送っています。どうしても多くのお金を稼ごうと思えば仕事が厳しくなってしまいますので、私の理想の田舎でのんびり生活を送ることができないと常に考えています。

3年ほど前にはライターの仕事で毎月20万円ほど稼いでいた時期もありますが、その頃に精神病的な病が再発してしまいましたので、私は自分の健康のためにも10万円以上のお金を稼がないようにと仕事を調節するようにしています。

都会はとにかくストレスが多く落ち着いてゆっくりとする時間がない

私が都会で生活している時には、どうしても自分に入ってくるインプット情報があまりにも多すぎて私は非常にストレスをためて毎日の生活を送っていました。

田舎暮らしを始めるとそれほど多くのインプットが必要ではないことに気づき、私の精神的なストレスは相当ましになったのです。

田舎暮らしはインプットの情報が非常に少ないですが、アウトプットする機会がたくさんありますので、私は非常に行動的な人間と生まれ変わったのです。

テレビやスマートフォンなどを常に見続けて生きていくのは、自分らしさを失ってしまう原因となってしまいますので、私は出来るだけメディアというものから遠ざかって生きることを選択しました。

自然から得られる多くのものを都会の人は忘れている

私は子供の頃はゲームをしたりパチンコをしたりテレビばかり見ているようないかにも一般の都会の人間でしたが、田舎暮らしを始めて本当に多くの自然に自分が癒されてることに気づき始めたのです。

子供の頃には味わうことが出来なかった多くの楽しみを大人になって初めて感じることが出来るようになりました。

自然体でいられる自分というものはこんなに素晴らしいものなのかと、40年経って改めて実感して生活しています。

都会にいたら私は病気になってしまいそうです

私は都会にいて自分自身に失望して、社会に失望して、両親に失望しました。都会にいた頃は多くの精神的な病を抱えて生きていましたが、田舎暮らしを始めてすべての病は癒えた感じがします。

都会の中で競争や他人との比較で苦しんでいる人は、田舎暮らしに自分の人生の幸せを見つけ出しても良いかもしれませんね。インターネットでお金稼ぐ実力さえあれば、田舎暮らしでも十分満足して生きていくことが出来ますよ。

社会の中で自分をすり減らして生きていくのは、どうしても精神的に弱い人間にとってみれば苦痛を感じると思います。

都会から逃げたって別に敗北者ではありませんので、都会の価値観を捨てて田舎でのんびり生きるのもオススメですよ。

もっと自由でもっと自分らしく自分を表現して生きていく

私は子供の頃からインプット型の人間でしたが、田舎暮らしを始めてアウトプット型の人間へと変化していきました。アウトプット型の人間は本当に自分を表現することが大好きで行動力に満ち溢れています。

自分の机でインプットばかりしているのではなく、外の世界へと自分を表現していくことが人間の幸せだと改めて実感しています。

様々な苦しみや悩みというものは、自分の内面で出来上がるものですので、アウトプット型の人間になればそのような苦しみは悩みを感じることはほとんどなくなりますよ。

人と比較して比べる人生なんて自分にはごめんだ

私は常に幼少期時代から競争社会の中で強制されて生きていましたが、現在では全く競争社会の中に入っていません。

人がどれだけ多くのお金を稼いでいるとか、どれだけ豪華な家に住んでいるとか、どれだけ美味しい食事を食べているのかは私にもほとんど関係がないのです。

自分がもっと自分らしく生きて幸せを実感することが出来れば、私は現在のままの生活で一生を終えても良いと考えています。本当の自分の幸せなんて自分にしか分かりませんので、他人に強制されて他人の期待に応えて生きていくなんて実に馬鹿らしいです。

まとめ

日本人というものは一生懸命頑張って一生懸命人の期待に応えて生きていく人生を強要されて教育されています。そのような考え方を持つのではなく、もっと自分らしく自分を表現して生きていく方法もありますよ。

社会一般で素晴らしい人生を歩む必要は全くありませんね。誰が決めたのかはわかりませんが、日本人として誇れる生き方なんて私にはくそくらえです。

全ての人がこのように生きなければならないというマニュアルなんてありませんよ。自分の人生なんて自分で決めても全く問題ないと実感しています。