ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

MENU

田舎暮らしを楽しむ為に絶対押さえたいオススメの移住環境BEST11

目次

田舎暮らしには環境をあらかじめ調査しておかないとひどい目に会いますよ

The Winding road

田舎暮らしを夢見ている多くの都会の人がいることは、現在一つの都会のブームになっていますが、田舎暮らしは単純に楽園だと思うということはいささか早とちりな考え方です。

田舎暮らしに適性がある人は、本当に田舎環境が大好きな人でないと駄目であり、都会に慣れた都会人は、田舎に移住すると不平不満を口にする人も少なくありません。

よって田舎に移住する前に、移住する場所の環境をある程度調査して自分の理想に適しているかどうか判断しておく必要があります。

1:交通手段を利用して30分以内の買い物スポットがあること

都会の人は歩いてすぐの場所に買い物ができるショッピングセンターなどがあり、便利な生活を送っています。自転車で少し走れば買い物スポットが多く点在していて、買い物に困ることはほとんどありません。

しかし田舎では買い物ができる場所まで結構距離がある可能性がありますので、どれぐらいの距離に買い物スポットがあるのかどうか予め知っておく必要があります。そうしないと移住をした後に問題が発生する可能性があるのです。

2:野菜作りのための農地を確保できること

田舎暮らしでは庭や畑で野菜づくりを行うことを目的とする人が非常に多く、移住する先ではきちんと野菜作りのための畑を確保できるかどうかが問題となります。

田舎では農地が余っていますので、それほど問題はないかもしれませんが、あらかじめきちんと調査して調べておく必要があるのです。

自分の庭が広い場合には、家庭菜園も十分できますので、是非移住先の環境をきちんと事前に知っておく必要がありますよ。

3:公共機関があまりにも離れていないこと

田舎暮らしでは公共機関の公務員の人が多くの世話をしてくれます。日常的にも頼れる存在ですので、地方自治体の公共機関が近くにあることが理想的です。

田舎暮らしでは分からないことや不安や疑問が非常に多くなりますが、役所の人間に聞けば簡単にお世話をしてくれますのでとても助かる存在なのです。

4:医療を受ける病院が近くに必ずあること

田舎暮らしでは病院までの距離が非常に遠いことが多く、自分の地域にきちんと病院が存在するかどうか予め調べておかなければなりません。

山間部の過疎地などではドクターヘリが患者を運ぶシステムもありますが、やはり地域に病院が一つか二つかないと安心できないと思います。

特にお年寄りや子供がいる家庭では、病院は死活問題に関わってきますので、きちんと調べておいてくださいね。

5:地域の住民がよそ者に対して冷たくないこと

田舎の地域住民は都会の人と比べて人間関係をとても大切にしながら毎日の生活を送っています。人間関係が大切だということは、いじめやトラブルの元ともなってしまうことですので、地域の住民が都会の人間に冷たい場合には生活してみてトラブルが起こる可能性が高まります。

ぜひ地域住民の人柄や人間性を予め知っておく必要があり、部外者にとても優しい移住先を選ぶのが最も理想的なのです。

6:お祭りや年中行事がどのような形になるかあらかじめ調べておくこと

田舎にはお祭りやねんじゅうぎょうじがたくさんありそれらに参加しないとよそ者扱いされていじめられる原因となってしまいます田舎に移住して地域の行事に全く参加しない都会の人もいますがそのような人はあまり田舎に移住をしない方が賢明かもしれませんね田舎では行事に参加しないということは同じ村の人間として認めてもらえない可能性もありますので要注意が必要です

7:働ける場所がきちんとあるかどうかということ

田舎では仕事を確保することがとても難しく、働ける場所というものが非常に制限されています。農業や林業に従事することはできますが、普通の会社で働こうと思えばなかなか仕事先を見つけることが難しいかもしれません。

これは過疎の村であれば過疎の村であるほどサラリーマンとして働くのは困難であり、田舎に適した仕事を見つけなければいけません。

町まである程度近い距離にあるならば、街で仕事を見つけることはできるかもしれませんよ。予め働ける場所が確保できるかきちんと下調べをしておく必要があります。

8:地域の方言がきちんと聞き取れるかどうかということ

よくド田舎に行くと、地方の方言を聞き取ることがとても困難で、まったく標準の日本語が通用しない地域もあります。

最近ではテレビは新聞が当たり前に日本全国に普及していますので、標準語を知らない人はほとんどいないと思いますが、話す言葉が方言だとなかなか意思の疎通をすることが難しくなります。

あまり方言が強い地域で移住してしまいますと、コミュニケーションをとることが難しくなり人付き合いが疎かになってしまいますよ。

9:夏はどれくらい暑いか冬はどれくらい寒いか?

田舎の地域は夏が非常に暑かったり冬がとても寒かったりする場合が多く、都会で住んでいるよりも環境が厳しい地域が多くなります。

沖縄県や長野県のように環境が素晴らしい地域もありますが、自分が移住する先はどれぐらい気候の環境が厳しいかどうか予めチェックしておいてください。そうしないと移住した後で悩みの種になる可能性が出てきますよ。

10:田舎から街中まで出るのに必要な交通機関があるかどうか?

結構山奥の田舎などに住んでしまうと、街まで出るために非常に労力がかかる可能性が高まります。車やバイクを所有しているならば案外簡単に町まで出ることはできますが、自転車だけで生活しようと思うとバスなどの交通機関が整備されていなければ非常に難しくなります。

またお年寄りになって生活しようと思えば、当然公共の交通機関に頼る部分も出てきますので、その辺りのところは事前にきちんと調べておいてください。移住した先で後々後悔しないように注意が必要ですよ。

11:田舎の寄り合いや集会はどうなっているのか?

田舎では地域独特の寄合や集会が開かれる場合もあります。都会の人ならはあまり経験したことがないかもしれませんが、田舎の寄り合いや集会はお酒を飲んだり人と長時間話したりしたりなど、独特の文化を持っています。

人と接するのが苦手な都会の人たちにとっては、少し面倒なことかもしれません。あらかじめその辺りのことを移住する前に知っておく必要がありますよ。

まとめ

田舎では地域独特の風習や習わしや慣習などが存在します。また地域の環境はどのような環境なのか事前にチェックしておかなければ、本当に移住した後で後悔することにもなりかねません。

このような事態にならないためにも、自分の理想の移住先を選択することをお勧めします。移住した後で失敗したなどと後悔しないためにも、きちんと理想の環境を紙に書き出してそれに適合した移住先を選択するようにしましょうね。最高の田舎暮らしを満喫できることを祈っています 。