ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

ミニマリストの家賃はいくら ? 田舎だったら2万円以内は当たり前です



ミニマリストは物質に縛られない

f:id:yasuisoutarou19:20170629083127j:plain

最近東京中心にブームとなっているのがミニマリズムという考え方で、無駄なものを持たずシンプルな生活を志す生き方であります。ミニマリズムを追求していけば無駄なものから解き放たれた本質的な生活を追い求めることができますので、お金や物質に支配されている現代人にとってみれば、開放感あふれる最高の生活スタイルになります。

最近では若者がミニマリストとして生活を志していますが、問題なのはどのような物件に住めば良いと言うことであり、少ないお金でシンプルな生活をすること目標としていますので、それほど高額物件に住む人は少なくなっています。

ミニマリストの部屋づくり

ミニマリストの部屋づくり

 

ミニマリストはファッション性ではなく機能性を重視する

都会のミニマリストたちは多くのお金を持っていて、ファッションセンスがあり、ハイセンスな生活をしている人たちがたくさんいますが、ミニマリストの根本的な考え方は無駄なことを徹底的に排除した生き方であります。

よってファッション性を求めるのではなく、機能的な生き方をするのが正解でありますよ。多くのお金を使えばファッション的な生き方となってしまいますので、どうしてもお金がたくさん必要になってきます。それではミニマリズムを追求していく意味がありません。

高い家に住むのはお金の無駄だと考える

どのような家に住むか悩んでいる人たちも多いと思いますが、基本的に生活する必要最小限度の機能が備わっていればそれでよいとする人たちが多いです。多くの部屋も必要ないですし、少ない部屋で十分に生活することができますので、それほど家賃の高い部屋に住む必要はないかもしれませんね。

多くのお金を持ってる人は高級マンションなどに住んでいて、ミニマリストとして生きている人もいますが、やはり少ないお金で自由に楽に暮らしていくのがミニマリストの最大のメリットでありますので、高級マンションや家賃の高い家に住む必要は全くありません

田舎だったら月に2万円以内の物件はたくさんある

ミニマリストとして生きるならば都会よりも田舎できるほうが断然に効率が良く、家賃のほうも非常に安い物件がたくさん転がっていますので、ぜひ田舎の移住先を調べてみてください。田舎に行けば月に2万円以内の物件はたくさんありますので、是非都会から離れて田舎で生活する選択肢をとったほうがミニマリズムを追求していくにはもってこいでありますよ。

都会のミニマリストは本質を忘れている

インターネットやテレビなどでミニマリズムが紹介されていますが、そのような人たちは基本的に都会に住んでいる人たちなので、本当のミニマリストとしての本質的な生活とはまた若干違っています。

都会に住んでいる先進的な人たちの間で、私がミニマリストだと言ってる人たちもいますが、それはお金持ちの道楽であり、ミニマリズムの本当のメリットをあまり享受していません。

ミニマリズムの本質的なメリットは、金銭的社会や物質的な社会に依存せず、シンプルな生活で負担のない生活を送ることです。これは節約生活とも似ていますが、「多くのお金も必要としなければ長時間労働しなくてすみますよね」ということです。

多くの物を購入しなければそんなにお金儲けしなくても良いですねということです。この考え方は田舎での生活に最も親和性がある生き方です。

やはり生活拠点は田舎がベスト

やはり都会でミニマリストとして生きていくよりは生活拠点を田舎に移したほうが圧倒的メリットが高くなるのです。都会は物価が非常に高いので生活するには非常に不便な面がありますよ。

もし東京に住んでいるのならば生活拠点を田舎に移して、お金を使わない生活を目指してみてはいかがでしょうか。田舎はお金を使う場所がほとんどなく、物やお金に囲まれて生活する必要もありませんよ。自然が広がっていてミニマリストとして生活するにはもってこいなります。

まとめ

私も若い時に都会で生活したことがありますが、都会で住んでいると非常に誘惑が強いので非常に多くのお金が必要となりました。今では田園地帯が広がる田舎で生活していますので、それほど多くのお金を必要としなくなったのです。

田舎に住んでいると本当に家賃が非常に安い物件がたくさんありますし、ド田舎ならば2万円以内の物件は転がるほどあります。

都会で多くの金を使って浪費していくよりも、田舎に生活拠点を移して節約生活をしていくのがミニマリストとして最も適している生き方であります。ぜひ田舎の良さを実感してミニマリズムを極めてほしいと思います。