ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

ミニマリストは掃除しているの?実は1週間に1回ぐらいで十分



ミニマリストはキレイ好きだと誤解されている

f:id:yasuisoutarou19:20170629100237j:plain

よくブログを見ていると、都会に住んでるミニマリストたちが非常に小奇麗なファッションをして、センス溢れる生活スタイルを実践しているようですね。しかしこれを鵜呑みにしていては本当のミニマリストになることはできないと考えます。

ミニマリストの本質というものは、無駄なものを持たないすっきりとした生活スタイルであり、これがファッションに結びついたり綺麗好きだということに結びつくわけではないのです。

ブログの画像などを見てみると、お金を持っていそうな人たちが様々なアイテムを持って、「私はミニマリストですよ」と宣言していますが、これらの人はブームに乗ってるだけであり、本質的なミニマリストになることは難しいと考えます。

ミニマリストの部屋づくり

ミニマリストの部屋づくり

 

都会のミニマリストたちはファッション的で綺麗好き

都会のミニマリストたちは結構な高いお金を使ってセンス溢れる商品を使い、結構高い洋服などを着ながら幸せそうに生活してるようです。田舎に住んでる私にとっては、これらのことがなんだかブームに乗っかっているだけだと思ってしまい、あまり喜ばしいと思っていません。

確かに無駄なことがないスタイルというものは、きちんと掃除をしていてきれいさっぱりしている印象ですが、私はミニマリストとして田舎で生活していますが、そんなにきれいに片付けをしたり、家の中を掃除しまくったりなんかしてません。

基本的に必要なものしか持っていませんし、無駄なものにお金を使うことはありませんが、それが小綺麗だとかという印象ではありません。都会の人がセンシティブにスタイリッシュにブームを楽しんでる人たち多いのですが、本当のミニマリストというものは人間が悩み苦しまないように生きていく新しい生活スタイルの1つです。

これがファッションだとかアイテムだとかに結びつくのはいささか遊び感覚がありすぎて、本質的なものを見落としているような気分になります。

ミニマリストは掃除が好きになる必要はない

ミニマリスト生活をしていると、とにかく家の中に無駄なものが溢れることはなく、いつでも必要なものだけがそこにあります。よって私の場合は掃除をする必要もほとんどなく、たまに目についたゴミをゴミ箱に入れるぐらいです。

だから掃除が好きたというわけではありません。1週間に1度小さな掃除機で埃を取ればそれだけで何の問題もありませんよ。私が着ている服だって三日間ぐらい同じ服を着ています。身につけているトランクスだって三日間同じトランクスを使っています。

だから別にきれい好きで清潔な人間であるわけではありません。しかしこれがセンス溢れる都会の人が行なったら全く別の生き方になるのでしょうね。

都会のミニマリストはとにかくお金を使いすぎている

都会に住んでるミニマリストの特徴に、先進的で進歩的な人たちが非常に多く、新しい物好きの人がブームに乗っかっているような形で実践している人たちが多いです。

確かにそのような人たちもミニマリズムの考え方に共感しているのだと思いますが、都会というものはブームの移り変わりが非常に激しく、3年後にもミニマリズムを追求している人は非常に少ないと考えます。

私の場合はミニマリストとして生活して本当に無駄なことがほとんどなくなりましたし、自分の好きなことだけに時間を使うことができるようになりました。よって人生が非常にシンプルになって悩みや苦しみがほとんどなくなりましたよ。ファッションだとかそういったものではなくこのように生き方が大切なのです。

都会の真似事をしているうちは本物のミニマリストにはなれませんよ

田舎に住んでいる多くの若者も、都会の人たちの行動や言動に注目していると思いますが、都会の人たちは見た目だけで本質的な部分で違っています。ミニマリストとして本当に一生の時間を幸せに暮らしたいならば、やはり都会の真似事するのではなくて、ミニマリズムの本質的な生き方を実践していかないといけません。

流行やブームに乗って格好つけてミニマリストとして生きても、そんな人生は長く続かないと思いますよ。掃除好きできれい好きになる必要は全くなく、そんなにファッション的でハイセンスな生き方でもないと思います。

要するに誰にだってやろうと思えばできることですし、何か特別なアイテムを持たないといけないわけでもないですよ。都会の人に勘違いさせられないようにしてください。

まとめ

ミニマリズムはお洒落やファッションや格好良い世界ではなく、本来は無駄なものが少なくなり、自分の人生をスマートに生きることが出来るものです。それが若いセンス溢れる先進的な人がそれに飛びつき、まったく違った独特の都会文化を形成しています。

このようなものは一種の若者のブームであり、それは長続きする保証はありません。また違った楽しいことや目新しいことが現れたら、それに移行するようなものです。

本当にミニマリズムを追求するのなら、そんなに都会の人に影響されないように、自分をしっかり持ち、腰を据えて将来に渡り実践していきましょう。私も初めは都会の人に憧れましたが、今は本質的な生き方を実践しています。