ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

夜も眠れない最高に面白い警察官小説・本おすすめBEST5

面白いおすすめ警察官小説・本知っていますよ!

皆さんこの記事を読んでいるということは警察官小説・本を探していますね。読書は私が生まれた頃から最高の娯楽であり趣味でありました。

警察官小説・本も非常に多くの種類が出されていて人気となった本もたくさんあります。このまとめ記事ではあなたにおすすめの警察官小説・本を紹介しています。是非購入の助けになればと思いまとめ記事を作りました。

それでは人気となったおすすめの警察官小説・本を紹介していきますね。私も一日に必ず小説・本を読むほどの読書が好きです。読書時間を作ることはストレスが解消できますので最高のプライベート時間になるのです。

オススメ警察官小説・本はこちら!

1:半落ち

https://tshop.r10s.jp/rakutenkobo-ebooks/cabinet/1868/2000000251868.jpg?downsize=200:*

「私、梶聡一郎は、3日前、妻の啓子を、自宅で首を絞めて、殺しました」
県警捜査一課強行犯係指導官、志木和正警視は、連続少女暴行事件の捜査に当たっていた。犯人確保の電話を待つが、かかってきた電話の内容は、上司からの「現職警察官による、妻の殺人の取り調べを担当せよ」という依頼だった。自首してきた犯人、元警察官の梶聡一郎は、アルツハイマーに侵された妻を殺害した動機、経緯についてすべて正直に話し、事件は「完落ち」で終わるかに見えた。だが、事件が発生してから出頭するまでの「空白の二日間」について、梶は一切の供述を拒否する。その後、家宅捜索と新聞社によって、「空白の二日間」に梶は歌舞伎町へ行ったらしい事がわかった。また、梶の自宅には「人間五十年」という奇妙な書が残されていた。「空白の二日間」の供述をじっくりと取ればよい、と考えていた志木だが、「歌舞伎町」の悪いイメージが独り歩きすることを恐れた上層部は、保身のため、梶に虚偽の供述をさせるよう志木に強制する。

半落ち (講談社文庫)

半落ち (講談社文庫)

 
2:第三の時効

https://tshop.r10s.jp/rakutenkobo-ebooks/cabinet/9342/2000000189342.jpg?downsize=200:*

『第三の時効』(だいさんのじこう)は、横山秀夫による連作警察小説。全6篇が収録されており、全篇とも集英社の『小説すばる』に掲載された。第16回山本周五郎賞候補作。
作者が初めて事件を捜査する刑事を主人公にした「F県警強行犯シリーズ」の第1作目。
全編とも2002年から2005年にかけてテレビドラマ化された。

第三の時効 (集英社文庫)

第三の時効 (集英社文庫)

 
3:マークスの山

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/7196/9784101347196.jpg?downsize=200:*

『マークスの山』(マークスのやま)は、高村薫の小説。警部補である合田雄一郎を主人公とした推理小説。合田雄一郎シリーズの第1作にあたる。
1993年3月に早川書房で単行本として刊行された。のち、2003年1月に講談社より文庫判が上下2巻で刊行された。文庫本化にあたっては全面改稿されている。その後、2011年8月に講談社版を底本として新潮社からも文庫判が上下2巻で刊行された。
小説の累計販売部数は100万部を超え、大ベストセラーとなった

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)

マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)

 
4:新宿鮫

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/6986/9784334766986.jpg?downsize=200:*

新宿署の鮫島警部を主人公とする警察小説のシリーズ。現実の警察の捜査はチームで行われるという制約を壊すために、キャリア警察官が警察内部の抗争に巻き込まれて、はぐれ状態になっているという設定である。下記の作品があるが、1作ごとに違った試みがされている。

新宿鮫 新装版: 新宿鮫1 (光文社文庫)

新宿鮫 新装版: 新宿鮫1 (光文社文庫)

 
5:警官の血

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/3223/9784101223223.jpg?downsize=200:*

『小説新潮』(新潮社)にて2006年6月号から2007年8月号まで連載された。三代に渡って警察官となった3人の男の人生を、昭和に起こった2件の未解決事件と、戦後の昭和から平成の時代を背景に描く大河小説である。2011年、本作から9年後を舞台とした続編『警官の条件』が刊行された。
2007年、日本冒険小説協会大賞を受賞。また、1988年の『ベルリン飛行指令』以来19年ぶりに第138回直木三十五賞にノミネートされ、2008年版の「このミステリーがすごい!」では第1位になった。

警官の血〈上〉 (新潮文庫)

警官の血〈上〉 (新潮文庫)

 

最近は電子書籍で無料で読み放題のサービスがあります!

まとめ

あなたのお気に入りの面白良いと思った警察官小説・本は見つかったでしょうか?一度読み始めると最後まで息を呑むほどの展開で、最高に豊かな趣味の時間を味わうことができますよ。

勉強や仕事に忙しく頑張っている人も多くいると思いますので、そんな時には少しでも趣味の時間を大切にしプライベートを満喫してくださいね。

やっぱり紙の本は最高!

最近では電子書籍で小説・本を読んでいる人達も多いと思いますが、 昔からの紙の本を読む人たちもまだいると思います。私は好きな作品は紙の本で購入する癖をつけています。現物で持っていた方がなんとなく喜びが倍増するからです。

小説・本は創造的で最高の時間をくれる

私の小説・本のおすすめの読書方法は、やっぱり夜眠る時に布団の中で読むのが最高に面白いですね。小説・本を読んで楽しんでいると夜眠った時でもたまに作品の夢を見ます。

小説・本は創造的に非常に溢れていますので、空想の世界にふけるのもは楽しいものですね。

小説・本を書いている作家の方には頭が下がる思いです。日本の小説文化や書籍文化は世界に誇れる最高の文化ですので、日本にいるのですから最高に小説・本の世界を楽しみまくりましょうね。ではあなたに最高のおすすめ警察官小説・本を楽しんでくださいね。