ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

夜も眠れない最高に面白い中国古典の本おすすめBEST5

面白いおすすめ中国古典の本知っていますよ!

皆さんこの記事を読んでいるということは中国古典の本を探していますね。本は私が生まれた頃から最高の娯楽であり趣味でありました。

中国古典の本も非常に多くの種類が出されていて人気となった本もたくさんあります。このまとめ記事ではあなたにおすすめの中国古典を紹介しています。是非購入の助けになればと思いまとめ記事を作りました。

それでは人気となったおすすめの中国古典を紹介していきますね。私も一日に必ず本を読むほどの本好きです。本を読めばストレスが解消できますので最高のプライベート時間になるのです。

オススメ中国古典の本はこちら!

1:中国古典名言事典 新装版 (辞典)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/0626/06265329.jpg?downsize=200:*

200におよぶ主要な中国古典・随筆から、約4800の名言を採録。書き下し・原文、わかりやすい訳・解説で構成。重要な古典・主要人物には、簡潔な略解を付す。懇切な件名索引により、求めているテーマにピッタリの名言を探せる。約10000項目におよぶ充実した五十音索引。

中国古典名言事典 新装版 (辞典)

中国古典名言事典 新装版 (辞典)

 
2:菜根譚

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51E8A224WRL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg

「人よく菜根を咬みえば、則ち百事なすべし」。菜根は堅くて筋が多い、これをかみしめてこそ、ものの真の味わいがわかる。中国明代の末期に儒・仏・道の三教を兼修した洪自誠が、自身の人生体験を基に、深くかみしめて味わうべき人生の哲理を簡潔な語録の形に著わした。的確な読み下し、平易な訳文。更に多年研究の成果は注と解説にも充分に盛りこまれている。

菜根譚 (岩波文庫)

菜根譚 (岩波文庫)

 
3:孫子・三十六計 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/2032/9784044072032.jpg?downsize=200:*

春秋時代、呉の兵法家として活躍した孫武。その思想をまとめた兵書『孫子』は、勝利の方程式だけではなく、社会と人間に対する鋭い洞察を記す。戦争とは何か、国家とは、組織とは、リーダーとはー。今を生きる我々にも多くの“勝ち抜くための智恵”を与えてくれる名著。中国兵法の教えのもっとも重要な部分をわかりやすく三十六の計謀にまとめた『三十六計』も収録。中国伝統の英知を凝縮した二つの兵書を同時に味わう。

孫子・三十六計 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)

孫子・三十六計 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)

 
4:六韜

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/1220/12204494.jpg?downsize=200:*

『六韜』は“武経七書”の一書に選ばれ、『三略』にならぶ兵法学の名著として古今東西の武将たちに読み継がれてきた。前漢の軍師張良が黄石公より譲り受け、我が国では藤原鎌足が暗記するまでに愛読し、源義経が密かに戦術の奥義を学んだなどと語り伝えられる。戦術論のみならず、人心掌握法や組織を率いる心構えを余すことなく説いた、今もなお貴重な示唆を与える組織論の名著。

六韜 (中公文庫)

六韜 (中公文庫)

 
5:漢文法基礎 本当にわかる漢文入門

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/0186/9784062920186.jpg?downsize=200:*

訓読のコツとは。助字の「語感」をどう読み取り、文章の「骨格」をいかに発見するかー。漢文読解の基礎力を養い、真の「国語力」を身につけるために、1970年代より形を変え版を重ねながら受験生を支え続けてきた名著を修補改訂。大学入試攻略などは当たり前、第一人者が気骨ある受験生、中国古典を最高の友人としたい人へ贈る本格派入門書。

漢文法基礎  本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)

漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)

 

最近は電子書籍で無料で読み放題のサービスがあります!

まとめ

あなたのお気に入りの面白良いと思った中国古典は見つかったでしょうか?一度読み始めると最後まで息を呑むほどの展開で、最高に豊かな趣味の時間を味わうことができますよ。

勉強や仕事に忙しく頑張っている人も多くいると思いますので、そんな時には少しでも趣味の時間を大切にしプライベートを満喫してくださいね。

やっぱり紙の本は最高!

最近では電子書籍で本を読んでいる人達も多いと思いますが、 昔からの紙の本を読む人たちもまだいると思います。私は好きな本は紙の本で購入する癖をつけています。現物で持っていた方がなんとなく喜びが倍増するからです。

本は創造的で最高の時間をくれる

私の本のおすすめの読書方法は、やっぱり夜眠る時に布団の中で読む本が最高に面白いですね。本を読んで楽しんでいると夜眠った時でもたまに本の夢を見ます。

本は創造的に非常に溢れていますので、空想の世界にふけるのもは楽しいものですね。

本を書いている教授方には頭が下がる思いです。日本の書籍文化や本文化は世界に誇れる最高の文化ですので、日本にいるのですから最高に本の世界を楽しみまくりましょうね。ではあなたに最高のおすすめ中国古典の本を楽しんでくださいね。