ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

夜も眠れない最高に面白いSF小説おすすめBEST5

面白いおすすめSF小説知っていますよ!

皆さんこの記事を読んでいるということはSF小説を探していますね。読書は私が生まれた頃から最高の娯楽であり趣味でありました。

SF小説も非常に多くの種類が出されていて人気となった書籍もたくさんあります。このまとめ記事ではあなたにおすすめのSF小説を紹介しています。是非購入の助けになればと思いまとめ記事を作りました。

それでは人気となったおすすめのSF小説を紹介していきますね。私も一日に必ず書籍を読むほどの漫画好きです。本を読めばストレスが解消できますので最高のプライベート時間になるのです。

オススメSF小説はこちら!

1:銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/1501/9784150121501.jpg?downsize=200:*

ジョー・ファーンライトは、腕利きの“壺なおし”職人。だが、陶器はプラスチックに取って代わられ、壺なおしの仕事は開店休業状態、失業手当で食いつなぐ毎日だった。そんなある日、待望の仕事が舞い込む。シリウス星系のグリマングから巨額のオファーが届いたのだ。海底に沈む大聖堂ヘルズカラを引き揚げるため、地球を離れグリマングの待つ惑星へと向かうジョーだったが…。ディック絶頂期の幻の長篇、待望の新訳版。

宇宙の世界というものは、夢と理想と創造的な最高のファンタスティックな世界です。小説は非常に現実的な話から始まりますが、見ていると最後まで引き込まれる、非常に濃密なストーリーになっています。宇宙という大舞台の上で、最高の創造的な小説を味わってほしいと思います。きっと最後まで息をつく暇もないほど楽しい時間を過ごすことは間違いありませんよ。

銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

 
2:月世界へ行く新版 (創元SF文庫)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/4886/48860607.jpg?downsize=200:*

186X年、フロリダ州に造られた巨大な大砲から、アメリカ人とフランス人の乗員3人を乗せた砲弾が打ち上げられた。ここに人類初の月旅行が開始されたのである。だがその行く手には、小天体との衝突、空気の処理、軌道のくるいなど予想外の問題が!19世紀の科学の粋を集めた本書は、その驚くべき予見と巧みなプロットによって、今日いっそう輝きを増すSF史上不朽の名作である。

19世紀に科学をすべて結集して作り出されたこのSF小説は読むぞ、びっくりするほどの先見的な知見によって作り上げられています。読めば読むほど入り込んでしまうほどの素晴らしい作品なので、時間がある時にゆっくりと読み進めてほしいと思います。最後まで息をつかせぬほどのストーリーは読むほど現実世界を忘れてしまうほどなので、中毒性は非常に高く、最後の楽しみを提供してくれるでしょう。宇宙の世界がこんなにスリリングなんて最高ですよ!

月世界へ行く (新装版) (創元SF文庫)

月世界へ行く (新装版) (創元SF文庫)

 
3:ミュータント (ハヤカワ文庫SF)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/1549/9784150121549.jpg?downsize=200:*

ブルの操縦で月から帰還した“スターダスト”は中国軍のミサイルで破壊され、ローダンたちはさらに劣勢に追い込まれていた。一方アイルランドの小島では、マーシャルたち異能者の集団が、心に傷を受け眠り続けるシドを目覚めさせるため彼の精神へのコンタクトを試みる。それは、彼の過酷な幼少期の記憶の追体験だった。クリフォードに連れ去られた療養中のクレストは、自らとローダンらの窮地を認識し苦悩するのだった。

非常に読む人を虜にするほどの人間設定が楽しいSF小説になっています。SF小説は読む人を今まで経験したことがない世界へ連れて行ってくれるので、最高に面白くてドキドキワクワクします。このSF小説も読むぞ、最後まで一気に話が進んでいきますので、時間を忘れるほど夢中になれますよ。未来の世界でも、人間は人間的な部分で悩み、苦しんでいきますので、この苦悩の中どのようなストーリーが展開されるのか楽しみにしておいてください。

ミュータント (ハヤカワ文庫SF)

ミュータント (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: Michael Marcus Thurner,ミハエル・マルクスターナー,柴田さとみ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/11/21
  • メディア: 新書
  • この商品を含むブログを見る
 
4: タウ・ゼロ (創元SF文庫)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/8054/9784488638054.jpg?downsize=200:*

50人の男女を乗せ、32光年彼方のおとめ座ベータ星第三惑星をめざして飛びたった恒星船。だが不測の事態が発生する。生まれたばかりの小星雲と衝突し、その衝撃でバサード・エンジンの減速システムが破壊されたのだ。亜光速の船を止めることもできず、彼らはもはや大宇宙を果てしなく飛び続けるしかないのだろうか…?現代SF史上に一時代を画したハードSFの金字塔登場。

50人の男女を乗せた飛行船が宇宙の世界でさまよってしまい、果たして生き残れるかどうかドキドキワクワクするSF小説になっています。宇宙の世界は何が起こるのかわからない恐怖の世界でもありますので、恐ろしいまでの恐怖を味わいながら物語を読み進めていってもらいたいと思います。自分が物語の世界を体感しているような感覚に陥りますので、読むと汗が出るほど緊張感の中で楽しめますよ。SF小説の中では非常にオススメの面白い小説ですね。

タウ・ゼロ (創元SF文庫)

タウ・ゼロ (創元SF文庫)

 
5:惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/8016/9784488708016.jpg?downsize=200:*

商業宇宙船のパウサート船長は、ひとの揉め事に首を突っ込み、ついつい幼い奴隷三姉妹を助けてしまったのが運のつき。寄港先で出くわしたのが、よりによって惑星カレスから来た魔女だったとは!禁断の星と接触したせいで、恋人も故郷も失い…行き場をなくした船長は、やがては銀河系じゅうを騒動の渦に巻き込むカレスと命運をともにするはめに。ユーモア溢れるスペースオペラ。

スターウォーズを彷彿とさせるような物語設定で読めば小説の虜になるほど楽しい時間を満喫できますね。宇宙船の船長の設定がとても田舎臭く、親しみが持てますので読めばホットするような感覚があります。宇宙船に魔女などが出てきますので、ファンタジーの世界も体感でき、面白さはとてつもないものですね。空想的なSF小説が好きな人にとっては、又と無い良書になります。是非、暇な時間に読み進めてみてはいかがでしょうか?きっと最高の時間を味わえますね。

惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)

惑星カレスの魔女 (創元SF文庫)

  • 作者: ジェイムズ・H.シュミッツ,James H. Schmitz,鎌田三平
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1996/11/17
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 35回
  • この商品を含むブログ (36件) を見る
 

最近は電子書籍で無料で読み放題のサービスがあります!

まとめ

あなたのお気に入りの面白良いと思ったSF小説は見つかったでしょうか?一度読み始めると最後まで息を呑むほどの展開で、最高に豊かな趣味の時間を味わうことができますよ。

勉強や仕事に忙しく頑張っている人も多くいると思いますので、そんな時には少しでも趣味の時間を大切にしプライベートを満喫してくださいね。

やっぱり紙の本は最高!

最近では電子書籍で本を読んでいる人達も多いと思いますが、 昔からの紙の本を読む人たちもまだいると思います。私は好きな書籍は紙の本で購入する癖をつけています。現物で持っていた方がなんとなく喜びが倍増するからです。

書籍は創造的で最高の時間をくれる

私の本のおすすめの読書方法は、やっぱり夜眠る時に布団の中で読む読書が最高に面白いですね。本を読んで楽しんでいると夜眠った時でもたまに本の夢を見ます。

書籍は創造的に非常に溢れていますので、空想の世界にふけるのもは楽しいものですね。

本を書いている作家の方には頭が下がる思いです。日本の書籍文化や本文化は世界に誇れる最高の文化ですので、日本にいるのですから最高に本の世界を楽しみまくりましょうね。ではあなたに最高のおすすめSF小説を楽しんでくださいね。