ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

夜も眠れない最高に面白い将棋小説おすすめBEST5

面白いおすすめ将棋小説知っていますよ!

皆さんこの記事を読んでいるということは将棋小説を探していますね。読書は私が生まれた頃から最高の娯楽であり趣味でありました。

将棋小説も非常に多くの種類が出されていて人気となった書籍もたくさんあります。このまとめ記事ではあなたにおすすめの将棋小説を紹介しています。是非購入の助けになればと思いまとめ記事を作りました。

それでは人気となったおすすめの将棋小説を紹介していきますね。私も一日に必ず書籍を読むほどの漫画好きです。本を読めばストレスが解消できますので最高のプライベート時間になるのです。

オススメ将棋小説はこちら!

1:将棋ボーイズ (幻冬舎文庫)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/1783/9784344421783.jpg?downsize=200:*

勉強も運動も苦手な歩は、なんとなく将棋部に入部する。そこには、亡父の願いと周りの期待に悩む天才・倉持がいた。そんな時、県大会の団体戦メンバーが呼び上げられる。落ちこぼれと本気になれないエースが、タッグを組んで奇跡を起こす!?僕らの未来を決めるのは、大人でも偏差値でもないー実在の将棋部をモデルにした絶対感動の青春小説!!

将棋ボーイズ (幻冬舎文庫)

将棋ボーイズ (幻冬舎文庫)

 
2:棋士という人生 傑作将棋アンソロジー

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/5742/9784101265742.jpg?downsize=200:*

吹けば飛ぶような駒に人生を賭けた者たち。日々盤面に向かう彼らは何を追い求めるのか。大山康晴、升田幸三、中原誠ら往年の大棋士たちの横顔、才能空しく脚光を浴びずに消えた悲運の棋士の肖像、孤独に戦い続ける若手棋士の苦悩……作家、記者、そして棋士自身が綴った文章の中から二十余の名品を精選。将棋指しという職業の哀歓、将棋という遊戯の深遠さを写し出すアンソロジー。

棋士という人生: 傑作将棋アンソロジー (新潮文庫)

棋士という人生: 傑作将棋アンソロジー (新潮文庫)

 
3:将棋太平記

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/3099/30990635.jpg?downsize=200:*

男・天野宗歩に男が惚れる家元派(江戸)と天野一門(京都)の天下分け目の大勝負を描いた傑作。

将棋太平記

将棋太平記

 
4:棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/1207/9784040821207.jpg?downsize=200:*

スマホ不正疑惑をなぜ未然に防ぐことができなかったのか。将棋ソフト、プロなき運営、見て見ぬふりをしてきた将棋ムラ…「憧れの職業どころか食えない職業になる日も近い」という将棋界の実情を現役棋士が明かす。

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)

棋士の一分 将棋界が変わるには (角川新書)

 
5:サラの柔らかな香車

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/4418/9784087714418.jpg?downsize=200:*

プロ棋士を目指して挫折した26歳の瀬尾は、自暴自棄に暮らす日々の中で、ブラジル生まれの美少女サラに出会う。コミュニケーションのとれないサラに瀬尾が将棋を教えこむと、彼女は徐々に強くなり、いつしか驚くべき才能が開花する…。謎の美少女サラ、女流棋界のスター・塔子、天才小学生としてもてはやされる七海。3人の女性が指す将棋を巡って、「才能とは何か?」と厳しく問う、青春長編。第24回小説すばる新人賞受賞作。

サラの柔らかな香車 (集英社文庫)

サラの柔らかな香車 (集英社文庫)

 

最近は電子書籍で無料で読み放題のサービスがあります!

まとめ

あなたのお気に入りの面白良いと思った将棋小説は見つかったでしょうか?一度読み始めると最後まで息を呑むほどの展開で、最高に豊かな趣味の時間を味わうことができますよ。

勉強や仕事に忙しく頑張っている人も多くいると思いますので、そんな時には少しでも趣味の時間を大切にしプライベートを満喫してくださいね。

やっぱり紙の本は最高!

最近では電子書籍で本を読んでいる人達も多いと思いますが、 昔からの紙の本を読む人たちもまだいると思います。私は好きな書籍は紙の本で購入する癖をつけています。現物で持っていた方がなんとなく喜びが倍増するからです。

書籍は創造的で最高の時間をくれる

私の本のおすすめの読書方法は、やっぱり夜眠る時に布団の中で読む読書が最高に面白いですね。本を読んで楽しんでいると夜眠った時でもたまに本の夢を見ます。

書籍は創造的に非常に溢れていますので、空想の世界にふけるのもは楽しいものですね。

本を書いている作家の方には頭が下がる思いです。日本の書籍文化や本文化は世界に誇れる最高の文化ですので、日本にいるのですから最高に本の世界を楽しみまくりましょうね。ではあなたに最高のおすすめ将棋小説を楽しんでくださいね。