ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

夜も眠れない最高に面白い三国志の小説・本おすすめBEST5

面白いおすすめ三国志の小説・本知っていますよ!

皆さんこの記事を読んでいるということは三国志の小説・本を探していますね。読書は私が生まれた頃から最高の娯楽であり趣味でありました。

三国志の小説・本も非常に多くの種類が出されていて人気となった書籍もたくさんあります。このまとめ記事ではあなたにおすすめの三国志の小説・本を紹介しています。是非購入の助けになればと思いまとめ記事を作りました。

それでは人気となったおすすめの三国志の小説・本を紹介していきますね。私も一日に必ず書籍を読むほどの漫画好きです。本を読めばストレスが解消できますので最高のプライベート時間になるのです。

オススメ三国志の小説・本はこちら!

1:超ビジュアル!三国志人物大事典

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/5703/9784791625703.jpg?downsize=200:*

古代中国のロマン!三国志がこれ1冊でよくわかる!!
大迫力のCGで、歴史的名場面をリアルに再現!
曹操、劉備、諸葛孔明など、古代中国の乱世を生き抜いた
熱く儚い約90名の英雄を超美麗&かっこいいイラストで紹介!
肖像画、史跡写真などの資料も満載で、読み応えもばっちり!
子どもから大人まで幅広く楽しめる大満足の1冊です!

超ビジュアル!  三国志人物大事典

超ビジュアル! 三国志人物大事典

 
2:群雄三国志 智略と戦いのすべて 超ビジュアル相関図でよくわかる!

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/0308/9784569830308.jpg?downsize=200:*

黄巾の乱、美女連環の計、官渡の戦い、孔明出廬、赤壁大戦、蜀制圧戦、曹操の死と漢の滅亡、北伐、魏・呉・蜀の滅亡、晋の建国と崩壊…。イラストをふんだんに用いた相関図で、群雄の戦い、計略、人間関係が一目でわかる、画期的歴史ビジュアル・ブック!

群雄三国志 智略と戦いのすべて

群雄三国志 智略と戦いのすべて

 
3:三国志外伝 (文春文庫)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/7099/9784167907099.jpg?downsize=200:*

「三国志」愛読者はもちろん、入門者にも最適。
三国時代を生き抜いた12人の知られざる人生を描く異色列伝。

・正史「三国志」を書いた陳寿。かれの父親は蜀の参謀を務め、魏軍に大敗したことで諸葛亮(孔明)に罰せられた罪人だったが、諸葛亮を恨むことはなかったという。なぜか? この思いが陳寿を歴史に向かわせ、後に彼に「三国志」を書かせることになる(「陳寿」)。
・ 高い芸術的感性を持ち、琴の名手でもあった女性・蔡?は、董卓に仕えていた父親の刑死により運命が暗転、匈奴の妾として人生を過ごすことに。長い転変の後、蔡?は「ある能力」で曹操を驚嘆させたーー(「蔡?」)。
・「勇気とか不屈とかいう精神は、政治や軍事の表舞台に立つ者だけが発揮するものではない」(本文より)。
・後漢末期から晋の時代に生きた、「三国志」の世界に独自の色彩を与える、十二人の異色の人物伝。わかりやすい後漢・三国年表つき。

三国志外伝 (文春文庫 み 19-35)

三国志外伝 (文春文庫 み 19-35)

 
4:三国志(1) (吉川英治歴史時代文庫)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FNQ8BHCPL._SX339_BO1,204,203,200_.jpg

日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾賊を各地にはびこらせ、民衆は喘ぎ苦しむ。このとき、〓県は楼桑村の一青年劉備は、同志関羽、張飛と桃園に義盟を結び、害賊を討ち、世を救わんことを誓う。-以来100年の治乱興亡に展開する壮大な世紀のドラマ。

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

 
5:三国志(1(桃園の巻)) (新潮文庫)

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/4510/9784101154510.jpg?downsize=200:*

劉備・関羽・張飛・孫権・曹操・諸葛孔明……英傑たちの物語が、いま幕を開ける! 後漢末の頃。貧しいが高貴な血を引く劉備は、世を救うという大志を果たすべく、関羽・張飛と桃園にて義兄弟の契りを結ぶ。跋扈する黄巾賊の征伐に乗り出した彼は、智謀に優れた人物、曹操に出会うーー。これぞ王道の「三国志」! 波乱に満ちた群雄割拠の世を描き切る、壮大で華麗な歴史スペクタクル。

三国志(一) 桃園の巻 (新潮文庫)

三国志(一) 桃園の巻 (新潮文庫)

 

最近は電子書籍で無料で読み放題のサービスがあります!

まとめ

あなたのお気に入りの面白良いと思った三国志の小説・本は見つかったでしょうか?一度読み始めると最後まで息を呑むほどの展開で、最高に豊かな趣味の時間を味わうことができますよ。

勉強や仕事に忙しく頑張っている人も多くいると思いますので、そんな時には少しでも趣味の時間を大切にしプライベートを満喫してくださいね。

やっぱり紙の本は最高!

最近では電子書籍で本を読んでいる人達も多いと思いますが、 昔からの紙の本を読む人たちもまだいると思います。私は好きな書籍は紙の本で購入する癖をつけています。現物で持っていた方がなんとなく喜びが倍増するからです。

書籍は創造的で最高の時間をくれる

私の本のおすすめの読書方法は、やっぱり夜眠る時に布団の中で読む読書が最高に面白いですね。本を読んで楽しんでいると夜眠った時でもたまに本の夢を見ます。

書籍は創造的に非常に溢れていますので、空想の世界にふけるのもは楽しいものですね。

本を書いている作家の方には頭が下がる思いです。日本の書籍文化や本文化は世界に誇れる最高の文化ですので、日本にいるのですから最高に本の世界を楽しみまくりましょうね。ではあなたに最高のおすすめ三国志の小説・本を楽しんでくださいね。