ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

夜も眠れない最高に面白い金融・経済の小説や本おすすめBEST5

面白いおすすめ金融・経済の小説や本知っていますよ!

皆さんこの記事を読んでいるということは金融・経済の小説や本を探していますね。読書は私が生まれた頃から最高の娯楽であり趣味でありました。

金融・経済の小説や本も非常に多くの種類が出されていて人気となった書籍もたくさんあります。このまとめ記事ではあなたにおすすめの金融・経済の小説や本を紹介しています。是非購入の助けになればと思いまとめ記事を作りました。

それでは人気となったおすすめの金融・経済の小説や本を紹介していきますね。私も一日に必ず書籍を読むほどの漫画好きです。本を読めばストレスが解消できますので最高のプライベート時間になるのです。

オススメ金融・経済の小説や本はこちら!

1:ハゲタカ

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/6523/9784062776523.jpg?downsize=200:*

不良債権を抱え瀕死状態にある企業の株や債券を買い叩き、手中に収めた企業を再生し莫大な利益をあげる、それがバルチャー(ハゲタカ)・ビジネスだ。ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津政彦は、不景気に苦しむ日本に舞い戻り、強烈な妨害や反発を受けながらも、次々と企業買収の成果を上げていった。

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)

 
2:巨大投資銀行

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/0116/9784532280116.jpg?downsize=200:*

邦銀に失望し、ウォール街の投資銀行に身を投じた桂木、山一證券出身の天才トレーダー竜神、北海道の開拓者魂にあふれるデリバティブ・セールスマン藤崎ー。取引の大型化・グローバル化と金融工学によって急激に変化する80年代の世界市場を背景に、実在の人物や事件を織り交ぜながら、巨額の利益を貪る投資銀行の手の内とそこで働く人々の葛藤を描いた本格経済小説。

巨大投資銀行(上)

巨大投資銀行(上)

 
3:小説 巨大(ガリバー)証券

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WPZ9XA8DL._SX328_BO1,204,203,200_.jpg

インサイダー取引、主幹事をめぐる激烈な争い、会社乗つ取り-。バブル経済を演出し、上場企業・投資家を手玉にとった証券会社。そこには果てしない野望とダーティな思惑が交錯していた。“株”という妖怪を巧みに操りながら、経済界に暗躍した巨大証券の現場を、克明に活写したドキュメント・ノベル。

小説 巨大(ガリバー)証券 (徳間文庫)

小説 巨大(ガリバー)証券 (徳間文庫)

 
4:訣別 ゴールドマン・サックス

https://tshop.r10s.jp/book/cabinet/0801/9784062180801.jpg?downsize=200:*

将来を嘱望された若きエリートが身を賭して暴くウォール街の真実。

訣別 ゴールドマン・サックス

訣別 ゴールドマン・サックス

 
5:ライアーズポーカー ウォール街は巨大な幼稚園

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QsaqDG6tL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg

ウォール・ストリートという狂宴ではしゃぎまわる、したたかな男たち。想像を絶する才能と際限のない野心にとりつかれた、無邪気な若者たち。あなたはきっとこの男たちが大好きになる。アメリカ・ヨーロッパで100万部突破の大ベストセラー。

ライアーズ・ポーカー―ウォール街は巨大な幼稚園

ライアーズ・ポーカー―ウォール街は巨大な幼稚園

 

最近は電子書籍で無料で読み放題のサービスがあります!

まとめ

あなたのお気に入りの面白良いと思った金融・経済の小説や本は見つかったでしょうか?一度読み始めると最後まで息を呑むほどの展開で、最高に豊かな趣味の時間を味わうことができますよ。

勉強や仕事に忙しく頑張っている人も多くいると思いますので、そんな時には少しでも趣味の時間を大切にしプライベートを満喫してくださいね。

やっぱり紙の本は最高!

最近では電子書籍で本を読んでいる人達も多いと思いますが、 昔からの紙の本を読む人たちもまだいると思います。私は好きな書籍は紙の本で購入する癖をつけています。現物で持っていた方がなんとなく喜びが倍増するからです。

書籍は創造的で最高の時間をくれる

私の本のおすすめの読書方法は、やっぱり夜眠る時に布団の中で読む読書が最高に面白いですね。本を読んで楽しんでいると夜眠った時でもたまに本の夢を見ます。

書籍は創造的に非常に溢れていますので、空想の世界にふけるのもは楽しいものですね。

本を書いている作家の方には頭が下がる思いです。日本の書籍文化や本文化は世界に誇れる最高の文化ですので、日本にいるのですから最高に本の世界を楽しみまくりましょうね。ではあなたに最高のおすすめ金融・経済の小説や本を楽しんでくださいね。