ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

【これで良いのか?】戦後の日本社会はお金の奴隷と化している


ブログ訪問ありがとう!岡山の田舎でのんびり楽園人生送っている安井です。

私も自由にパソコンで仕事が出来るようになりました。社会から離れ自由に自立できる人が続出!⇒【今だけ無料!】自由な人生を手に入れる教科書

お金稼ぎに全ての社会が手を挙げた

f:id:yasuisoutarou19:20180315052315g:plain

日本は第2次世界大戦で敗戦国になり、アメリカに占領されました。

日本の多くの都市部は焼け野原と化し、ほとんど何も残ってない地域もたくさんあったんです。

広島と長崎には原爆を落とされ、日本は本当に壊滅したのと同然でした。

それから日本人は戦後復興に邁進して、他の国よりも他の誰よりも働きまくることにより、多くのお金を稼ぎ国を立て直したんです。

この戦後、復興は日本の全ての業界や社会をお金を稼ぐことは素晴らしいことで、正義だという風潮を作り出し、資本主義社会に物凄いスピードで突入したのでした。

これが世界有数のお金持ち国家を作り出したバックグラウンドです。

都会のスタンダードが田舎のスタンダードになる

戦後の時代から日本は欧米諸国に追いつこうと一生懸命働きまくり、東京などの都会は非常に速いスピードで復興がなされ、先進的な街並みを作り上げたのです。

田舎に住んでいる人も、東京が憧れの土地になり、皆東京人のようになりたいとモノマネをするようになりました。

これによって日本の田舎文化は壊滅的な打撃を受け、皆東京のモノマネをする田舎ばかりに成り下がったんです。

これは社会的にも類を見ないほど田舎の都会化が急スピードに展開していき、日本の田舎文化はもはや見る影もありません。

都会のスタンダードが田舎のスタンダードになった瞬間です。

都会も田舎もあったものではない

私は戦後の団塊世代の息子として、田舎で育ちましたが、田舎ではテレビを見たりテレビゲームを当たり前にして、東京の人が着ているものや、東京の人が持っているものが当たり前にほしいという、そんな世代でした。

私も物欲が非常に激しい少年時代を送っていてゲームのソフトやおもちゃなどが普通に何でも欲しい、そんな子供だったんです。

もはや都会も田舎もあったものではありません。

そろそろ戦後のレジームからの脱却だ

このような田舎を無視した教育体系や仕事、体系というものは、田舎の文化にはなかなか浸透することが難しく選択肢の幅が非常に狭まってしまいます。

これは自由がないことと全く同義語であり、もっと様々な生き方や人生というものがあって、しかるべきだと思ってしまいます。

これは都会の人のようにお金を稼ぎ、多くのお金を消費する、そんな社会が最後の社会だと洗脳されているかのようです。

私は現在はこの洗脳社会から離脱して田舎でのんびり、インターネットでお金を稼ぎながら暮らしています。

今振り返ると、自分の悩み苦しんだ若い時代は、本当にこの都会の労働の苦しさと社会の不自由さが私を苦しめていたのだと実感しています。

本当に私は自分に気付き、自分の求める理想を求めて生きて、正解でした。本当に穏やかな日々に乾杯です!

こちらのBライフの記事も読んでみてください!お金に縛られない生活とは?

www.soutarou19.com