ブログで田舎暮らし!

ブログで月5万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!

【道楽!】Bライフ生活は暇なので読書を趣味に持てば楽しめる

社会に縛られず自宅でネットで稼ごう!【無料相談してます】

暇な時間は読書で過ごす

f:id:yasuisoutarou19:20171215080740j:image

私は岡山の田舎で貧乏なライフ生活を実践しているので、時間はいくらでもありますよ。

基本仕事時間は1日に1時間から2時間位なので、ほとんどの時間は予定がありません。

よってなんでもできる時間がいくらでも存在しますので、私はその時間を使ってたまに本を読んだりしています。

私は学生時代には本を読むのが趣味でしたが、社会人となり、ほとんど読書の習慣がなくなったんです。

日々の仕事の生活に疲れていたこともあり、なかなか本を読んで豊かな人生を歩むことができずにいたということですね。

それだけ不幸だったんだと思っています。しかし、Bライフの人生を送るようになって読書の習慣が戻ってきました。

今では1日に2時間位は好きな本を読んで、ゆっくりと時間を過ごすことができています。

読書は教養や文化のものであり、人生を豊かにしてくれる最高の友達なんです。

古本屋や図書館利用すれば便利

最近ではブックオフが各地にオープンしていて百円の書籍を簡単に買うことができてしまいます。

少しでも古い本だったら百円で売ってたりしますので、私は気軽に古本屋で本を買っていますよ。

インターネットの電子書籍で無料の本を読むこともありますが、基本は紙の本が大好きです。

後は家から10分ぐらいの場所にある岡山市南区の図書館を有効利用しています。

多くの本を無料で読むことができることから一般的な本屋さんで書籍を買うのが非常にもったいないと感じるようになりました。

図書館で本を借りてすぐ近くの公園でのんびりと本を読む時間が私にとって以上に幸せな時間だったんです。

大好きな本を何度も読み返す

私は多読するタイプの人間ではなく、大好きな本を1年に必ず1回ぐらい読み返すタイプの人間です。

私の大好きな村上春樹の書籍は、もう何回も読んでいる本もたくさんあります。何度読んでも全く飽きることがなく、最後まで楽しめるので、私は大好きな本を必ず家にストックするようにしていますよ。

夏の暑い日や、冬の寒い日には図書館で過ごす時間は最高です。

電気代もかからないので、貧乏生活にはもってこいの環境なんです。

本の世界に住むのは夢の世界

私がDlife人生を送っているのは、現実世界というものがあまり自分にとって好ましくないからでもあります。

もっと自然的でのんびりと暮らせる人生が、私にとって大切なものであり、都会の世界であくせくと働く人生は私には合っていません。

本の世界も夢の中にいるような世界であり、私は現実世界を忘れることができるので、本当に大好きです。

本があれば、本当にそれ以外に多くのお金を使うこともなく、本の世界で10分に楽しむことができるので、本は最高の節約になるんですよ。

皆さんも現実世界に適合できずに悩んでいるのならば、本の世界で幸せで暮らす方法もあることを頭に入れておいてください。

世の中には現実世界で幸せに生きる人もいれば、仮想現実世界で幸せを掴む人もいることを改めて実感しています。