スポンサーリンク

クラウドワークスとランサーズ初心者の教科書!【私の体験談つき】

f:id:yasuisoutarou19:20180312054142g:plain

皆さんこれから『クラウドワークス』や『ランサーズ』で仕事を始めようと考えていると思います。

私もそうでしたが、始めは自分にできるかどうか不安ですよね。

私の経験から言うと、副業で始めるなら月3万円程度で、仕事で始めるなら4ヶ月ぐらいで月15万円ほど稼げる可能性があります。

しかし、実際どのように仕事を選べば良いか?どのような注意点があるのか知りたいですよね。

この記事では初心者のために分かりやすくクラウドワークスとランサーズの攻略法を紹介します。

記事を読むと、悩みも不安がなく初心者でも稼げるようになりますよ。

それでは記事を読んでいきましょう。

  1. 私のクラウドワーカー体験は初めは絶望だった
  2. フリーランスの平均年収
  3. フリーランスの平均仕事時間
  4. なんとか月10万を稼ぐことに成功
    1. ▼登録はこちらです▼
  5. ランサーズとクラウドワークスの詳細データ比較
  6. クラウドワークスの特徴
    1. ▼登録はこちらです▼
  7. ランサーズの特徴
    1. ▼登録はこちらです▼
  8. とにかく単価が低くては話にならない
  9. 副業ならありかも
  10. ほとんどのライターは月5000円も稼いでいない
  11. 10万稼ぐには結構な根気と努力が必要
  12. 良い案件を抑えるかが全て
  13. 私は風俗系の案件で稼いでいます
  14. 初心者はコツコツ実績を積み単価の高い仕事を獲得しよう
  15. クライアント選びには慎重に
  16. 分からない事があればクライアントに質問すること
  17. クラウドソーシングで生活費を稼ぐには仕事として捉える
  18. 最終的にはどっちなの?
  19. 仕事内容はネットでのフリーランスとしての仕事です
  20. 評判は単価が安いけど仕事案件が豊富なこと
  21. 初心者でもできる仕事がたくさんあります
  22. 稼げる人はスキルアップをして単価を上げている人
  23. 稼げない人は単価の安い仕事ばかりをしている人
  24. 報酬の報酬はだいたい月5万円から10万円
  25. クラスドワークで稼いでいる人のツイート
  26. ランサーズで稼いでいる人のツイート
  27. 副業ブームに乗りクラウドソーシングが脚光を浴びている
  28. 仕事を待つよりは自らクライアントに提案すべし
  29. ライターの仕事が一番初心者でも伸びしろがある
  30. 両方登録するのがベストです
    1. ▼登録はこちらです▼
  31. 最終的にはブロガーに転身した方が効率的だ
  32. 初心者はクラウドソーシングで勉強すること

私のクラウドワーカー体験は初めは絶望だった

私はある病気が原因で、会社勤めを辞めて自宅でインターネットを使った仕事に取り組むことになりました。

私が始めを行ったのはアフィリエイトでしたが、全く稼ぐことが出来ずすぐにライターの仕事に移ったのです。

タイピングスピードにはある程度自信がありましたので、すぐに20万円ほど稼げると意気込んでいたのですが、実際ライターの仕事をしてみると非常に単価が安くほとんど稼ぐことはできませんでした

またクライアントさんから難癖をつけられて報酬を支払ってもらえない事態にもなったこともあります。

そんな時に出会ったのがクラウドソーシングのライターの案件で、クライアントさんから必ず報酬が支払われることに満足し、クラウドソーシングでライターの仕事を行っていくようになりました。

初めのうちはほとんど簡単な案件しか書くことが出来ず、毎月の収入は3000円ほどでしたが。次第にコツを覚え収入が3万円ほどに到達しました。

フリーランスの平均年収

f:id:yasuisoutarou19:20170604072724p:plain

引用:http://www.lancers.jp/magazine/18238

フリーランスの人でも稼いでいる人は多くの収入を得ているようです。副業でするなら1ヶ月3万円ほどですので、本業の人とはまったく違ってきます。

私の場合でも、本気でクラウドソーシングを利用すれば、年収は200万ほど稼げそうな形です。

フリーランスの平均仕事時間

f:id:yasuisoutarou19:20170604072747p:plain

引用:http://www.lancers.jp/magazine/18238

仕事時間はスキマ時間や副業の方は本当に少なく時間でお小遣いを稼ぐような感覚ですね。私の場合は1日1時間で、月にすれば30時間以内ぐらいです。

クラウドソーシングは仕事時間が自由になりますので、好きなように働けるのが理想ですね。

なんとか月10万を稼ぐことに成功

私はクラウドワークスとランサーズを併用してライターの仕事をしていましたが、1日に7時間ぐらい文章を書くことで月収10万円を達成することがついに出来たのです。

しかしよく考えてみると、時給計算ではほとんどアルバイトの仕事以下ぐらいですので、その分ライターの仕事はストレスが非常に溜まってしまいます。

私はライターの仕事をしている間幸せをなかなか味わうことができない体になっていました。

このまま仕事を続けていれば精神病になってしまうと思い、ライターの仕事をセーブすることになったのです。

しかし今までのノウハウとテクニックがありますので、現在では毎日1時間の作業で月に3万円ほどの収入を得ることができています。

なぜこれほど時給が高く保って仕事が出来たのかといえば、今まで経験した中で簡単で報酬の高い仕事を中心的にやっているからです。

また音声ライティングという方法で文章を書いていますので、500文字ぐらいならば僅か2分でライティングすることが出来ます

▼登録はこちらです▼

>>>【無料会員登録!】在宅ワークならクラウドワークス

※100万人以上が登録していて皆んなネットで収入を稼いでいます

※単価の高い仕事もあり登録必須のクラウドソーシング

ランサーズとクラウドワークスの詳細データ比較

f:id:yasuisoutarou19:20170604065642p:plain

引用:http://xn--gckre1a3a5eyl4cwd4140f14od.net/

どちらも株式を上場している超人気クラウドソーシングのサービスです。

クラウドワークスは初心者の人でもこなせる案件が非常に多く、審査も緩めですので多くの主婦や学生がお小遣い稼ぎの目的で利用しています。

その反面ランサーズはプロの人やセミプロレベルの人がとても多いのが特徴です。

単価の安い仕事ならクラウドワークスで、高単価の仕事ならランサーズという風に住み分けがある程度されています。

自分のレベルに合わせて仕事を受注することが出来ますので、うまく使い分けて収入確保に努めてくださいね。

クラウドワークスの特徴

f:id:yasuisoutarou19:20180828062638j:plain

クラウドワークスはクラウドソーシングの最大手で、会員数も非常に多くライティング案件もたくさんあります。

しかし案件の単価がランサーズと比べれば低いのが普通で、なかなか高額案件に巡り会うことは難しくなってしまいます。

クラウドワークスの最大のメリットは、やはり手数料がライティングのタスク案件だと0円だということです。

よってランサーズよりも手数料が0円なので稼げる計算になります。

少し案件の検索に手間取りますが、良い案件さへ見つけることができれば結構な収入になりおいしい仕事をすることが出来ますよ。

ランサーズと比べるとクライアントさんが甘い人が多いと印象を受けましたので、結構承認率も高くなっているようです。

初心者の人では『ランサーズ』よりも『クラウドワークス』の方がライターとして稼ぎやすい印象があります。

  • 単価が低いが案件数が多い
  • 副業やお小遣い稼ぎでも十分
  • 少し案件の検索に難がある
  • 口コミや体験談などの初心者向けの案件も多い
  • 手数料金が0円
  • 高額案件があまりない

▼登録はこちらです▼

>>>【無料会員登録!】在宅ワークならクラウドワークス

※100万人以上が登録していて皆んなネットで収入を稼いでいます

ランサーズの特徴

ランサーズの特徴は、報酬単価が非常に高い案件が結構たくさんあって、多くのお金を稼ぐには非常に高都合です。

しかしある一定のライティングスキルを満たさないと承認されない案件も多くありますので、初心者の人にとっては少し敷居が高くなるのがランサーズです。

しかしライティング案件の探しやすさや、クライアントさんと人間関係を築くためのインターフェイスはクラウドワークスよりもはるかに優れていますので、使いやすさの面では圧倒的にランサーズに分があります。

『ランサーズ』は手数料が20%かかってしまいますので、報酬の面では支払われる額は少なくなってしまいます。

それでも単価が高い仕事がゴロゴロ転がっている場合が多く、仕事をする上では稼ぎやすい印象があります。

  • 高額案件が見つかりやすい
  • 少し難しいライティング案件が多い
  • 案件の検索がやりやすい
  • お気に入りのクライアントさんの案件を見つけやすい
  • 手数料金が20%

▼登録はこちらです▼

※単価の高い仕事もあり登録必須のクラウドソーシング

とにかく単価が低くては話にならない

私の経験ではとにかく単価が低い仕事ばかりしていては、ほとんど月収での稼ぎは少なくなってしまいます。

一生懸命長時間仕事をしても、1万円ほどしか稼げない人も多くいますので、ある程度単価が高くないとやる気も起こりません。

1ヶ月に1万円程度の収入ならば十分だという人は、私はクラウドワークスをお勧めします。

アンケートや口コミ、体験談などの案件も必要に豊富で、手数料がないので結構気軽に仕事をすることが出来ますよ。初心者の人にはうってつけだと思います。

しかし本格的にライターとしてステップアップしていきたいのならば、ランサーズできちんと仕事をすることが将来的には価値があります。

ランサーズは遊び半分では仕事が出来ないので、きちんとライティングスキルを高めてクライアントさんの求めるレベルをクリアしていかなければなりません。

副業ならありかも

f:id:yasuisoutarou19:20180828062713j:plain

クラウドソーシングを今後始めようと思っている人は、本格的なクラウドワーカーとしてデビューするべきです。

本業並みの努力と実力が必要となってくることは言うまでもありません。

ライターとしてもきちんとした文章表現が出来、簡潔でわかりやすい内容で記事を書かないといけません。

それにはお小遣い稼ぎなどの気軽な考えではなかなか難しくなってしまいます。

しかし副業としてクラウドソーシングを利用するならば、簡単な案件だけで仕事をすることで月1万円ぐらいならば十分に稼げてしまいます。

副業としてクラウドソーシングをやるつもりならば非常におすすめであります。

ほとんどのライターは月5000円も稼いでいない

クラウドソーシングを使ったライターの平均月収というものは、5000円も平均月収で稼いでいないと思います

1か月のランチ代を稼いだりタバコ代を稼いだりしている人が非常に多くいるのだと思います。

気軽な気持ちで仕事をするならば、是非『クラウドワークス』で仕事をしてみてください。初心者向けの案件がたくさんあります。

暇な空いた時間だけ仕事をするだけでもそこそこのお小遣いにはなりますよ。

10万稼ぐには結構な根気と努力が必要

f:id:yasuisoutarou19:20180827154311j:plain

10万円を稼ごうと思ったら、プロフェッショナルな仕事をしていかなければほとんど無理があります。

クラウドワークスとランサーズの高額案件を狙って仕事をすることが最も近道ではありますが、結構な労力と体力が必要となってきます。

私も月10万円稼いでいた時には結構毎日が必死でなかなかゆっくり出来る時間もありませんでした。それだけ文章を書くというのは体力をすり減らして大変な作業です。

良い案件を抑えるかが全て

ある程度の金額を稼ごうと思えば自分の理想の案件を抑えることが一番です。自分の好きな分野で自分に優しいクライアントさんに出会うのことが全てと言っても過言ではありません。

長くお付き合いしてくれて単価報酬をアップしてくれるクライアントさんと出会えば、それほど努力をしなくてもある程度のお金にはなると思いますよ。

良い案件に出会ったら専属で仕事をさせて下さいとこちらから提案することも重要です。お小遣い稼ぎや副業程度ならばタスク案件を中心に仕事をしていればいいだけです。

私は風俗系の案件で稼いでいます

私は現在風俗案件の仕事をしながら月3万円ほどの収入を、毎日1時間の作業で稼いでいます。

単価が非常に高く、調べ物の案件ではありませんので短時間でボリュームをこなすことが出来ます。

皆さんも『クラウドワークス』や『ランサーズ』で自分のおすすめ案件を是非探してみて下さい。一度良い案件に巡り会えれば、長い間楽に仕事をすることが出来ますよ。

初心者はコツコツ実績を積み単価の高い仕事を獲得しよう

クラウドワークスもランサーズも、始めは単価が非常に低いので始めは経験を積む目的にで多くのお金を稼ごうと欲望を強く持たない事です。

どんな業界でも始めは初心者ですので、そんなに割りの良い仕事にめぐり合うことは至難の技です。

自分の仕事のスキルもまだまだ大したことはありませんので、当然稼げる収入も低くなります。

始めは単価の低い仕事を積極的にこなしながら、将来的に向けてより報酬の良い仕事が取れるように実績を積み重ねる事が重要です。

いきなり難しい仕事をしてしまうと、全く難しすぎて仕事ができない恐れもありますので、クライアントの評価を落としてしまう恐れがあります。

まずはゆっくり業界に慣れていく事が重要ですね。

クライアント選びには慎重に

クラウドソーシングのサイトは他の仕事よりも安定感や安心感がありますが、中には自爆クライアントという恐ろしいクライアントがいて、何度も修正させられたり、やり直しさせられたりします。

時給に計算すると、数百円しかもらえない仕事もたくさんありますので、そんな最悪クラインとに騙されないように、何かやばそうだったらすぐに契約を解除しましょう。

お金を払ってくれない人はクラウドソーシングにはいませんが、ライターの仕事で何度かトラブったこともあります。

何度もライターの仕事でクライアントにダメ出しされたこともありますので、そんなクライアントの仕事は絶対に二度としないようにしましょうね。

最近は副業ブームで初心者の人が増えていますので、結構えげつない要求をしてくるクラインとさんもある程度いると思います。

クラウドワーかーの評価が高いクライアントさんの仕事をするようにすれば問題ありません。

分からない事があればクライアントに質問すること

後は初心者の人は仕事内容なのでよく分からない事がたくさん出てきますので、そのような時には遠慮せずにクライアントに質問する事が大切です。

何も分からないまま仕事を進めてしまうと、最終的に恐ろしいミスを犯すことにつながってしまいますので、きちんと疑問点を質問する事が大切ですよ。

私もよく分からないまま仕事をして、何時間もかけて納品した仕事がダメになったこともあります。

グーグルで検索すれば出てくるものは良いですが、仕事の詳しい内容などはきちんと教えてもらわないといけませんね。

聞くのが恥ずかしいと感じる人も多いですが、そんな羞恥心など捨てて、早めに疑問や悩みを解決しておきましょう。

そうすることで安心して仕事を続ける事ができますよ。

クラウドソーシングで生活費を稼ぐには仕事として捉える

後皆さんにぜひ伝えたい事なのですが、クラウドソーシングで生活費を稼ごうと考えている人は、副業感覚でのんびりゆっくり仕事しているようでは無理があると思います。

1日4時間仕事をするのなら、その4時間は仕事と同じように一生懸命取り組まないといけません。

初心者の人はその認識があまりない人が多く、副業感覚で仕事をしようと考えている人も多いと思います。

一応クラウドソーシングは、クライアントとクラウドワーかーの契約によって仕事が進んでいきますので、与えらえた仕事は責任を持ってやらないといけません。

初心者でもできる簡単な仕事はたくさんありますが、そのような仕事は単価が非常に安いので、生活できるレベルで稼ごうと思えば結構難しくなりますよ。

クラウドワークスもランサーズも月3万円ほどなら副業感覚で出来ますが、15万円以上を稼ごうと思えば、それはまさしく個人の仕事としてやる必要があります。

楽して大金を稼げるような甘い世界ではないのです。

最終的にはどっちなの?

最終的にクラウドワークスとランサーズはどちらが良いのかといえば、初心者の人にとってはクラウドワークスがオススメで、将来プロフェッショナルな仕事をしたい人はランサーズが理想です。

しかし両方のサイトをうまく使いながら自分に最高の案件を探して仕事をするというのも良いのではないでしょうか?

是非『クラウドワークス』と『ランサーズ』の良い部分を利用して、ライターの仕事を成功させてほしいと願っています。

  • クラウドワークスとランサーズの両方で仕事をすると結構良い案件に巡り会える
  • クラウドワークスは初心者向けですのでお小遣い稼ぎや副業には最適
  • ランサーズは少し難しい案件が多いので、スキルアップには最適

それでは頑張ってください!

クラウドワークス 仕事内容 評判 初心者 稼げる 稼げない

仕事内容はネットでのフリーランスとしての仕事です

 

クラウドワークスランサーズの仕事内容は基本的にネットで完結できる仕事がほとんどです。

パソコンがあれば基本仕事に困ることはなく、必要になる可能性のあるソフトはマイクロソフトのワードやエクセルです。

しかし最近では Google ドライブなどで仕事をこなすこともできるので有料のソフトを購入する必要はほとんどありません。

一番多く登録されている仕事はライターの仕事で、ワードやメモ帳に文章を書いてそれをクライアントに納品する仕事です。

その他にはデータ入力やウェブサイトのデザインなどの仕事もあり、自分の能力やスキル次第で稼げる額も全然変わってくるのが一般的です。

基本フリーランスの仕事がほとんどなので、個人できちんと仕事をこなして納品をする義務がありますよ。

仕事を途中やめにしてクライアントに迷惑をかけるようなユーザーは、低評価をつけられるので次回から仕事をするのが困難になってしまう可能性があります。

クライアントに承認されなければ収入を獲得することは難しいので、初心者でもある程度のレベルの仕事はしなければお金は稼げません。

しかし仕事内容は簡単なお仕事から難しい仕事までありますが、普通のスキルや能力があればだいたいの仕事はこなせるようになりますよ。

専門業界の仕事をしなければ一般人でも十分問題ありません。

評判は単価が安いけど仕事案件が豊富なこと

クラウドワークスやランサーズの評判は様々なものがありますが、基本普通の社会で仕事をするよりも仕事の単価が非常に安いのが特徴です。

インターネットの世界は商品でも仕事でも単価が非常に安く、仕事の量もハンパないほどたくさんあります。

効率的な仕事ができなければあまり多くのお金を稼ぐことは難しく、パソコンのスキルがある程度なければ時給は非常に低くなるのが一般的です。

私がクラウドソーシングでライターの仕事をしていた時には、時給は400円ぐらいしかありませんでした。

自分のスキルが上がって行った時に仕事の単価が増えていき、最終的には時給1200円ぐらいで仕事をこなすことができました。

初心者の人にとっては始めは割に合わない仕事が多いと思いますが、中長期的な視野をもって仕事をこなしていけば最終的にはアルバイトよりは高時給なはずです。

しかし多くの人たちは、仕事を始めて少しの期間で稼げないと感じてしまうやめてしまう人も多いのも事実です。

私の場合は自宅で仕事ができることから、はじめのうちはそれほど単価の高くない仕事でも普通にこなしていました。

スーツを着て会社に支配されて仕事をするのではないので、自分の自由な時間で自分の好きなように仕事ができるのがクラウドソーシングの魅力ですよね。

会社で出社して仕事をするよりもストレスが全く違ってきますので、個人で仕事をするのが好きな人にとってはクラウドソーシングはうってつけだと思います。

初心者でもできる仕事がたくさんあります

クラウドワークスやランサーズは初心者向けの仕事がたくさんあると評判が高いです。

一般的な社会的な仕事ならば相当高いスキルが必要ですが、クラウドソーシングを利用するクライアントさんはそれほど専門的に高いスキルは求めていない人達が多いです。

特にブログの記事を書いたりする仕事は、それほど作家みたいな能力は必要ないので自分の好きなように書いて問題ありません。

ただし中ににはブラッククライアントさんもいますので、自分のやっている仕事と報酬が噛み合っていない場合もありますよ。

そんな時には良質なクライアントさんを見つけて中長期的に仕事をしていくのが理想的です。

ある程度仕事のスキルがアップしていけば、単価が高くなっている可能性もありますので期待することもできます。

アンケートや口コミの仕事もたくさんあり、単価は低いですが完全に初心者の人でも少しのお金を稼ぐのは問題なく大丈夫です。

ただしクラウドソーシングで生活費を稼げるようになるレベルになるには、ある程度1年ぐらいしっかりと勉強して毎日コツコツと頑張らなければいけません。

少ない仕事時間で楽に仕事をしようと思えば、相当無理がありますのである程度努力をする必要がありますよ。

稼げる人はスキルアップをして単価を上げている人

クラウドワークスやランサーズで多くのお金を稼いでいる人の特徴は、それは会社員にも勝るとも劣らない圧倒的なスキルを持っている人達です。

基本個人の人は社会人よりもスキルが高くなければ多くのお金を稼ぐことは難しいのが当たり前ですよ。

だから生活費を稼げるまでのレベルになろうと思えば、2年ぐらい一生懸命勉強したり仕事をこなしていかないと難しいです。

ただ単純に月に数万円程度の副業レベルならばある程度のスキルがあれば稼げてしまいます。

自分は副業でクラウドソーシングを考えていて、数万円で良いのならばそれほど努力はいりません。

私の場合も毎月5万円が必要だったので、それほど勉強しなくてもライターの仕事で十分稼ぐことはできました。

プロとして生活費を稼ぎたいならば、スキルアップをして単価を上げていかなければいけません。

そうなれば副業感覚で仕事をするのは少し難しいと感じています。

稼げない人は単価の安い仕事ばかりをしている人

稼げない人の特徴は決まって毎日同じ作業量をこなすことができず、仕事時間をきっちり取ることができない人です。

私も知り合いにクラウドソーシングを紹介したことがある人がいるのですが、その人は空いた時間お遊びの時間に使ってしまい結局一か月も継続することができませんでした。

早朝や夜の時間を使ってコツコツと作業することができる人ならば、ある程度の金額を稼ぐことは十分可能です。

とりあえず稼げない人は遊び感覚で副業を考えてしまい、結局あまり努力ができずなんとなく辞めてしまう人です。

また仕事の単価が安い時期に、クラウドソーシングは稼ぐことができないと考えてしまう人達も多いです。

仕事はある程度長期間継続してクライアントとの信頼関係を築き、その上で仕事の単価が少しずつアップしていくものです。

また単発の仕事ばかりをしていると仕事の単価がとても低いので、そういった人たちもなかなか収入をアップさせることは難しいですよ。

自分に最適なクライアントさんを見つけて、中長期的に仕事をしていくスタイルを持っていけばある程度のまとまった収入になります。

報酬の報酬はだいたい月5万円から10万円

クラウドワークスとランサーズを3年間ほどやり、私の報酬の平均は5万円から10万円ほどになっています。

現在はブログを書くことが中心となっていますので、クラウドソーシングの仕事はあまり行っていません。

でももしブログで稼ぐことができなくなってしまえば、すぐにでもクラウドソーシングでライターの仕事をすることができるので安心感があります。

私の場合は文章を書くことが大好きなので、ライティングスキルさえあれば一生お金に困ることはないと考えています。

皆さんも是非自分の得意なスキルを身につけて、一生涯フリーランスとして仕事をこなしていくことだってできるのですよ。

副業で仕事をする人も、毎月3万円ほどならば少しの時間で稼げるようになるはずです。

初心者のレベルで稼げないと判断するのではなく、3年ぐらいスキルアップの勉強をして仕事をこなしていけば十分に割のいい仕事はたくさんあります。

少しの努力を継続していればクラウドソーシングで豊かな人生を作ることだって可能ですので、はじめのうちはなかなか慣れないと思いますが頑張ってみてくださいね。

クラスドワークで稼いでいる人のツイート

クラウドワークづは仕事の単価が低いのが特徴ですが、スキマ時間を使って記事作成などの仕事をすれば、1ヶ月に数万円程度は稼ぐことが出来そうですね。

クラウドワークスには若い主婦や学生の人が多く登録しているので、記事が案外承認されやすい傾向にあります。ランサーズと比べると簡単な案件が多いのが特徴みたいですね。

ランサーズで稼いでいる人のツイート

ランサーズはクラウドワークスと比べて、仕事に求められるレベルが少し高く、敷居が高い印象を持ちます。

ランサーズでは月20万円以上稼いでいる人もかなりの数いますので、本格的にフリーランスとして働くにはもってこいですね。

私も実際ランサーズで、每日1000円ぐらいの仕事をしており、月3万円ほどは楽勝で稼ぐことが出来ています。

クラウドワークスで慣れてきたらランサーズで仕事してもよいのではないですか?

副業ブームに乗りクラウドソーシングが脚光を浴びている

2018年は記念すべき副業解禁の元年であり、多くの企業が副業OKとなりました。

しかし、副業と言っても簡単にネットでお金が稼げるわけではなく、ツイッターの情報などをチェックしていると、全く副業で稼げない人が続出しています。

確かにブログなどの副業は、初心者の人にとってなかなか難しく数万円稼ぐにも相当勉強して実践しないといけません。

私も現在ブログで生活費を稼いでいますが、稼げた理由は毎日コツコツした作業と一生懸命ブログの研究をしたり、書籍を読んで勉強したからです。

しかし、ライターなどの副業は、記事を書けばお金になるので初心者の人でもやりやすいのが特徴となります。

クラウドワークスやランサーズのクラウドソーシングのサービスを利用すれば、ライティングの案件が山のようにありますので、その中から自分が書けそうな仕事を選択すれば、副業をして毎月数万円ほどは稼げるはずです。

初めて文章を書く人は、いささか時間がかかると思いますが、慣れてくれば時給1000円ぐらいで稼げるようになるはずです。

ライターとして時給を上げて稼ぎたい人は以下の記事を参考にしてください。

仕事を待つよりは自らクライアントに提案すべし

クラウドソーシングはクライアントにメッセージをすることができます。

これをうまく使って、自分が得意な記事を書けるように提案文をクライアントに送るのが最も稼ぎやすい秘訣です。

クライアントが仕事を発注している案件は、自分が好きなジャンルのライティングばかりではありませんので、どうしても効率が悪い仕事になる場合があります。

自分はこんな得意な記事を書くことができる胸を、クラインとに提案文で伝えることで自分に適した仕事を獲得することができるのです。

初めはクライアントにメッセージなんて送れない人が多いと思いますが、ダメもとでチャレンジすれば、信じられないほどの美味しい案件を獲得できる可能性が高まるのです。

待っているばかりでは、なかなか自分に適した良い案件は獲得できないので、ぜひとも自分から行動を移し収入アップに繋げるのがベストになります。

ライターの仕事が一番初心者でも伸びしろがある

f:id:yasuisoutarou19:20180826194401j:plain

ライターの仕事は文字単価によって報酬が決まってきます。

初めのうちは文字単価0.3円などの案件がたくさんありますが、慣れてくれば文字単価は1円を超えてくるはずです。

収入も相当アップすることは間違いありませんので、まずは文字単価を上げるためにライティングテクニックと、SEOライティングを学ぶことが先決です。

特にSEOライティングを学べば相当文字単価が上がってきますので、初心者の人はSEO対策ができた記事を書くようにしましょう。

SEOとは検索エンジン最適化の意味で、検索エンジンに強い記事を書くことができるスキルになります。

SEOライティングをマスターすれば1文字1円以上の単価でライターの仕事をすることができますよ。

文字単価1円以上の仕事ができるようになれば、月収で20万円以上は軽く稼げるようになれます。

私もライター際前期の時には、月収で30万円以上は稼げました。

SEOライティングを学ぶことが最大のコツになります。

それでは頑張ってくださいね。

両方登録するのがベストです

クラウドワークスとランサーズはどちらが優れていると判断が難しく、どっちらもクラウドソーシングで仕事をする場合は登録必須ですね。

ほとんどの人が両方に登録して案件を探しています。

仕事の幅を広げるためにも両方を登録してくださいね。

▼登録はこちらです▼

>>>【無料会員登録!】在宅ワークならクラウドワークス

※100万人以上が登録していて皆んなネットで収入を稼いでいます

※単価の高い仕事もあり登録必須のクラウドソーシング

 

私は現在毎月30万円の収入でライターの仕事とブロガーの仕事をしています。

興味のある方はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

※ライターとブロガーで生活する為の方法を実践者の私が解説しています

ライターとブロガーで月収30万円を稼ぐ私!【初心者に解説するよ】
ライターとブロガーの2つの仕事で私は月収30万円ほど稼いでいます。初心者にも再現性があり、コツコツ努力すれば理想は叶います。きちんとしたノウハウと学習で実践するのがセオリーですよ。

最終的にはブロガーに転身した方が効率的だ

最終的にクラウドワークスやランサーズでライターなどの仕事をするよりも、個人でブロガーに転身した方がはるかに効率的にお金が稼げます。

ライターの仕事は記事を書いたらいクライアントのものですが、個人ブロガーで書く記事は一生涯自分の記事になります。

その記事に広告を貼るだけで、長期間自分の資産記事になり稼ぎ続けることができるのです。

私もクラウドソーシングをやめて、個人のブログがになったことで月収30万円近くを稼げるようになりました。

仕事時間はライター時代と比べても、三分の一ぐらいの時間ですので、圧倒的に効率が良いのです。

ライターの仕事は文字単価が上がればそれなりに実入りも良いですが、基本労働と同じですので、資産収入を築く上ではデメリットになります。

将来的にはライターからブロガーに転身した方が圧倒的に効率的なのです。

初心者はクラウドソーシングで勉強すること

クラウドソーシングの仕事は、ライターやサイト制作など様々な仕事が存在しますが、基本クラウドソーシングの単価は安いので、初心者の頃に練習で利用するのがオススメです。

私もライター時代には、クラウドワークスやランサーズで1文字0.3円ぐらいの仕事をこなしていました。

収入的には非常に安いのですが、それでも低い単価の仕事をすることで、自分の実力をドンドンと伸ばすことが可能です。

練習のつもりで仕事をして、実践経験を積めるので、それにお金ももらえて一石二鳥ですよ。

仕事の厳しさもある程度体感的に経験できますので、今後本格的に仕事をする場合にも、この経験が非常に役に立ちます。

クラウドワーカー初心者の人は、将来は個人で仕事を受ければ多くの収入を確保できます。

それまでの練習としてクラウドワークスやランサーズを積極活用するのは理にかなっているのです。

私は現在ブロガーとして仕事をしていますが、クラウドソーシングで仕事しながら学んだライティングテクニックが非常に生きています。

単価の低い仕事でも、初心者の人は頑張ってコツコツこなすことで将来は大きな仕事ができるようになるのです。

生活費を稼ぐのは結構厳しい人も多いと思いますが、腐らず自分のスキルアップにために頑張ってください。

☑️記事を読んで詳細な内容をもっと知りたい方は以下の書籍をどうぞ