【無料電子書籍】自由な人生を手に入れる教科書

私が田舎で楽園生活を実践できたのは無料電子書籍を読んだからです。ブログで収入を稼ぎながら生活費を稼げます。ぜひこのAmazon1位の無料電子書籍をあなたも読んでください!

【無料ダウンロードはこちら!】

無料!Amazon1位 これ読んでみて!のんびり楽園生活ができる!

※この無料本読んで私の人生は激変しました。あなたの人生も変わります!
安井荘太郎
安井荘太郎
社会でうまくいかない私を助けてくれた本! 私はこの本を読んで初めて人生の自由を知りました あなたにもぜひ読んでほしい!
f:id:yasuisoutarou19:20180911170305p:plain 私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました! 1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

☑️ 自由にお金を稼ぐ

☑️ 社会や学校から自由な人生

☑️ 嫌なことをしないで良い人生

安井荘太郎
安井荘太郎
【私の楽園生活のバイブルです!】 【無料ダウンロード】自由な人生を手に入れる教科書
無料キャンペーン中!人生が劇的に変わります。5000件を超える読者の感想あり。

田舎の家賃の相場知ってる?びっくりするぐらい安いよ【無料もあり】

f:id:yasuisoutarou19:20180310064442g:plain

皆さん田舎の格安物件を探しているのではないですか?

現在田舎は少子高齢化が進んでいて、過疎地域が非常に多く激安物件がいたるところに転がっている状態です。

もし田舎に住もうと思えば、家賃が1万円以下の物件も山ほどありますよ。

この記事を読むと、格安物件で田舎で幸せに生活する方法が分かります。

ぜひ田舎でのんびり穏やかに暮らしながら、人生の幸福を味わってくださいね。

それでは記事をどうぞ!

スポンサーリンク

普通の田舎か過疎地域かで家賃もある程度開きがある

移住して田舎暮らしをしようと思ってる人は結構たくさんいると思いますが、一番問題なのは田舎の家はどれぐらいの家賃がかかるのかという問題です。

都会で住んでいると10万円近くの家賃を支払っている人も多くいると思いますが、田舎ですと都会よりも圧倒的に低い金額で住宅や家を借りることが出来ます。

田舎といっても普通の田舎と過疎地域の田舎とでは家賃も全然変わってきます。

過疎地域では信じられないような物件がいくらでも転がっていますので、東京の物件と比べてびっくり仰天する人も多くいると言われています。

探せば家賃月1万円以下の物件もたくさんある

田舎の物件では家賃が1万円を切る物件もいくらでもありますので、事前にある程度の物件を品定めしておく必要があります。

町から遠い地域ではタダ同然の金額で物件を借りることが出来ますので、移動手段がきちんとある人ならばド田舎の方が生活費が圧倒的に安くすみますよ。

インターネットの世界でもブログを書きながら田舎で生活している人もちらほらいます。

私もライターとして仕事をしながら田舎で生活していますが、郊外から非常に近いこともあり激安物件という訳ではありません。

問題は修繕費がどれぐらいかかるか?

問題になるのは家賃が非常に安くても、修繕費にどれくらいのお金がかかるのかが事前に分かっていないとなかなかすぐに物件を決めることは出来ないと思います。

風呂場が壊れていたり水回りが駄目になっていたりと様々な問題がありますので、その辺りのところは担当者の人に詳しく教えてもらうのが最も理想的です。

あまりにも金額的に安い物件なので何も考えず決定してしまうのは、後々後悔する可能性も高まってきます。

不動産業者が絡んでいる物件や地方自治体の役所が絡んでいる物件もありますので、きちんと事前に修繕費がどのくらいかかるか相談してみることがオススメです。

 

私の楽園生活の夢を叶えてくれた救世主

安井荘太郎
安井荘太郎
私の楽園生活実現を後押ししてくれた恩人
▶︎だいぽんさん
※彼の言葉で私は夢の理想郷を実現できました

月5万円も払えばびっくりするほど広い家で住めます

人里離れた田舎で移住して生活しようと思えば、月5万円ほどの家賃を払えばその地域で一番大きなぐらいの家に住むことが出来ますよ。

しかし田舎暮らしでは家がそれほどを大きくなくても十分に生活出来ますので月5万円も支払うことはありませんよ。

昔ながらの家で少し手狭ですが、田舎暮らしを満喫したいならば是非安い物件を探すようにしてください。

都会と同じような家に住んでしまえば、田舎に暮らしている風情というものがほとんど無くなってしまいますので田、舎暮らしを楽しめなくなってしまいます。

一番の理想は家賃1万円で畑付き庭付き物件

一番の理想は畑付きで庭付きの家賃1万円以下の物件であります。特に若い人ならば農作業したり庭で自分好みにガーデニングをしたりと楽しいことがいくらでもあります。

是非最高の環境で田舎で生活して欲しいと思います。

家賃1万以下ならばそれほど収入が多くなくても十分に暮らすことが出来ますので、将来的な面からしましてもあまり高価な家に住む必要はありませんよ。

少しボロい古い家でも田舎暮らしの趣がありますので、十分に田舎生活を満喫することが出来ます。

業者に聞くよりもとにかくまずは役場に相談するのが理想

地方の田舎の物件を探す時に不動産業者から探す人が非常に多いと思いますが、まずはその地域の地方自治体の役場に連絡を入れることが一番ベストです。

不動産業者が絡むよりもはるかに低価格で物件を紹介してくれますよ。

なかにはほとんど無料の物件もたくさんありますので、まずは役場に移住したい旨を伝え物件を紹介してもらうことをお勧めします。

跡取りがいなくなった空き家の物件を地方自治体の役場は多く把握していますので、すぐにでも激安の物件にありつける可能性が高いのです。

役場の人間と親しくなっておくと、移住した後でも様々な相談が出来ますし、援助もしてくれますので非常にメリットが高くなるのです。

あなたらしい理想の物件をぜひ見つけて田舎暮らしを満喫してくださいね。

田舎で格安家賃でブログで生活する若者が増えている

最近では若者を中心に田舎で格安家賃生活を志す人が多くなっています。

どうやって生活費を稼いでいるのかと言えば、ブログやライターの仕事をしながら月5万円ぐらい稼いでいるようです。

これはテレビでも紹介されましたが、少ないお金で生活することで、社会に入りサラリーマン人生を送らないで良いというメリットがあります。

サラリーマンは1日10時間ぐらい仕事に従事しているので、ほとんど暇な時間やプライベート時間がないのが普通です。

しかし、自宅でネットを使って仕事をするということは、自分の好きな時間に仕事ができるので、案外自由が効いて幸せを味わいやすいのです。

私も田舎で生活していますが、毎月使うお金は4万円ほどで、それほど貧乏暮らしをしているわけでもありません。

基本的に田舎はお金の使い道があまりないので、自然とお金を使わない生活を送ることができるのです。

田舎で激安家賃の物件を探し、そこでネットでお金を稼ぎながらのんびり暮らすのも良いのではないでしょうか?

現在は過疎地域が増え無料の物件も増えている

現在では少子高齢化の時代で、若者が都会を目指して田舎から移動する時代ともなっています。

よって田舎は過疎化が進み、昔の古い家に住む人が少なくなっています。

これは裏を返せば激安の物件が野放しになっている状態で、普通では信じられない相場で賃貸物件が借りられるのです。

中には家賃が無料の物件もあり、これか田舎に向かっていく人はお得に住居に住むことができる時代なのです。

私の住んでいる周りの地域の田舎にも空き家がたくさんあり、驚くほど安く生活できますよ。

もし田舎で無料物件や格安物件を探しているのなら、以下の記事を参考にしてみてください。

※田舎の格安物件、無料物件の探しかたを紹介しています

田舎暮らしの格安賃貸物件知ってる?【無料の掘り出し物もいっぱい】
田舎暮らしで賃貸物件を借りようと思っている人は、格安物件や激安物件を賃貸することはさほど難しいことではありません。無料物件もたくさんある。ネットでもボランティアの人とやり取りをすれば、びっくり仰天の賃貸物件に出会えますよ。

今後若者は田舎を目指して楽園生活を手に入れる

今後若者は都会に移動するのではなく、生活費が安い田舎に移動していくと予想されます。

もう都会で仕事に消耗して生きていくのは非常に苦しい人生になりますので、もっと楽に幸せを追求して、田舎でのんびり楽園生活を志す若者が増えてくるでしょう。

私も都会で住んでいる時には、お金を稼ぐことが全てであり、本当に安らかで穏やかな幸せなど知りませんでした。

たまに実家に帰ると、もう都会に戻りたくない病を発病することがありましたが、現在田舎暮らしをしてその意味がやっと分かったような気がします。

田舎で住んでいると、何もかもがゆっくり時間が流れるような感覚で、ストレスがほとんどないことに気づくのです。

都会でサラリーマンをしていた頃は、明日の仕事のことばかりが頭を巡り、いつもストレスを抱えながら生きていました。

ぜひ皆さんも、都会や街で消耗して人生を送っているのなら、田舎の自然豊かな土地で家賃1万円ぐらいの物件を探して生きてみてください。

よく芸能人の人でも、田舎暮らしをしている人が多くいるようですね。

やはり田舎の風情がたまらなく恋しくなり、都会の殺伐として生き方から離れたいのだと思います。

私の知り合いの家賃1万円生活の全貌

私がネットで仲良くなった知り合いに、瀬戸内海の島で家賃1万円で生活している人がいます。

彼は本当にお金を使わない生活を志しており、半ば半自給自足生活をしているようです。

彼に聞いたのですが、彼は毎月4万円ほどの生活費で暮らしているようです。

彼が使っているお金は以下です。

  • 家賃1万円
  • 食費1万円
  • 通信費 6000円
  • 電気ガス水道 70000円
  • 予備費7000円

本当にこれだけで生活できるのですから驚きです。

私も彼みたいな生活をしてみたいと思ってしまいますが、今の自分の生活を投げ捨てる勇気がありません。

皆さんも田舎で家賃1万円の物件を探し、のんびり田舎暮らしを満喫してみてはいかがですか?

1度ハマると病みつきになる程楽しいと彼は言っていました。

彼は半自給自足生活をしていて、野菜などは自分で作っていますし、魚も魚釣りで取っているそうです。

もし詳しく知りたければ以下の記事を参考にしてみてください。

※田舎でブログを書きながら半自給自足生活ができますよ

ブログで半自給自足の田舎生活は可能か?【私は月5万円の収入】
最近は都会を離れて半自給自足の田舎生活を実践している若者が増えています。ブログで月5万円の収入を上げて田舎生活が出来れば、本当に今までとは違った価値観で幸せを実現出来るのです。私も現在ブログで稼いで田舎生活を送っています。最高ですよ。