ブログで田舎暮らし!

ブログで月20万円稼ぎながら田舎でのんびり道楽生活を送っています。やりたい事をやりまくる人生を送っていきたいです!


ミニマリストの食事はシンプル!【私のランチは卵かけご飯ですよ】


Amazon1位 とにかくこれ読んでみて!田舎の自宅でお金稼げるよ!


 
私のブログで田舎暮らしバイブル

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!

1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

【無料電子書籍】自由な人生を手に入れる教科書

無料キャンペーン中!人生が劇的に変わります。5000件を超える読者の感想あり。


f:id:yasuisoutarou19:20180312083144g:plain

 

 

日本人は贅沢過ぎる

 

日本は世界的に見ても贅沢をしている国民であり、食べるものも食料廃棄物が世界ナンバーワンだと言われるほど美味しいものを湯水のごとく食べています

 

日本では世界各国の料理がいくらでも食べられるほど飲食店の数が多く、都会に行けば信じられないほどの美味しい食事を堪能することができます。

 

このような日本では食べることのありがたさが失われている人たちが多く、普通の食事でさえ美味しくないと感じるような人たちが増えてきています。

 

食事はそれほど豪華でなくても十分

 

ミニマリズムは必要最小限度の生活で幸せな人生を送っていく生活スタイルのことを言います。

 

今の現代人のような何でも食べられるそんな豊かな国であれば、ミニマリストとしてなかなか幸せに生活することは困難を極めると思います。

 

美味しい食事を食べられればそれだけで幸せだというような浅はかな考え方では、人間は本当の本質的な幸せを感じることができない体質と変わってしまいます。

 

食事をもっとシンプルに節約して食べることができるようになれば、小さな幸せを感じやすい人間となり、今よりももっと小さな幸せを本当の幸せだと感じるような人間へと変革していくのです。

 

節約料理で食事の本当の美味しさを実感

 

私もミニマリストとして3年くらいが経ちますが、大学生時代のような美味しい食事ばかり追い求める生活をやめています。

 

今では家庭で食べるおふくろの味や自分で料理を作って、シンプルに美味しい食事を満喫しています。

 

私は白ご飯と卵が大好きなので、いつも朝食や昼食に卵ご飯を食べて満足いく生活を送っています。

 

サンドイッチなども大好きなのでたまにサンドイッチを作って公園で昼のランチを楽しんでいます。

 

かかる食材はそれほど高くはありませんが、それでも十分幸せな食生活を送ることができるようになりました。

 

ミニマリストだからといって全く美味しい食事を食べないというわけではありません。

 

現在の日本ではそれほどお金がかからない低価格の食事でも、非常に美味しい食事がたくさんあります。

 

たまには贅沢もしています

 

私の場合は1ヶ月に一度肉の日があって、焼肉を食べたりしますが、その分は何の罪悪感もなく美味しく焼肉を食べまくっています。

 

たまにコンビニエンスストアで菓子パンなどを買いますが、無駄なお金をなるべく使わないようにして日々の生活を送るように努力をしています。

 

食生活は人間の基本となりますが、贅沢な食事ばかり食べていると舌が麻痺してしまって、普通の食事がおいしいと感じることが難しくなってしまいます。

 

そんな事にならないためにも、ミニマリズムの考え方で必要最小限度の食事を美味しいと感じる感性と感覚を養うことが重要ではないでしょうか。

 

都会の人間は舌が麻痺している

 

都会に住んでいてお金をたくさん稼いでいる人たちにとっては、なかなか難しい生活スタイルですが、それでも実践している人は現在ではかなりの数います。

 

ミニマリストたちの生活スタイルが、お金持ちの人にとってみればつまらない人生かもしれません。

 

それでも実際にミニマリストとして数ヶ月間生活しただけでも、本当の本質的な幸せに気づく人はかなりの数いると思います。

 

私も日々贅沢な生活を送っていた時代はありますが、その時はお金をたくさん持っていました。

 

やはり心の平穏や幸福などが感じることが少なくなり、どうしてもお金中心の生活に埋没してしまうような感じがしていました。

 

お金をそれほど使わない生活スタイルを築くことができるようになると、以前のお金をたくさん使っていたよりもはるかに自分が幸せだと心から実感できるようになったのです。

 

ミニマリストは特別の感性と感覚を持っている

 

これはミニマリズムの考え方が私にしっくりきたことが原因で、私は自分のこの感覚をどのような言葉で表現したらよいか若い時代には分かりませんでした。

 

しかし最近インターネットの中でミニマリズムという言葉を見つけ、それを調べて行くと自分の本当の言いたかった感覚がこの言葉に全て詰まっているような感じがしたのです。

 

今ではそれほど贅沢な暮らしはできませんが、無料の楽しみや家族の楽しみなど様々な楽しみを持ちながら幸せに生きることができるようになりました。

 

これこそミニマリストの最高の幸せの形だと考えています。

 

都会での物質的生活から解き放たれよう

 

皆さんも都会の生活やお金中心の生活で、多くの苦しみは苦労を味わっていると思います。

 

少し価値観や考え方を変えてみて、必要最小限度の豊かな暮らしというキーワードを思い出しミニマリストの生き方を取り入れてみて欲しいと思います。

 

きっと実践してみると、自分が思ってもみないような内面の変化に気付き始める可能性が高まりますよ。

 

一度ミニマリストの生活をやってみると、もう昔みたいなお金中心の生活に戻ることはないと断言できます。

 

それほどミニマリストは他人から考えられないほど幸福を得ていることは確かなのです。是非日頃の食生活から少しずつ必要最小限度の暮らしにアクセスしてみて下さい。

 

本当に楽園のような信じられない世界がそこには広がっていますよ。是非足を踏み出してくださいね。

 

最近はたまに牛丼屋さんで食事をすることもあります

 

最近私は収入が安定し始め、余分なお金も少しだけネットから稼げるようになりましたので、1週間のうちに2回ほどは外食をするようになっています。

 

私は朝起きるのが5時ぐらいですので、家から自転車で20分の場所にある牛丼屋さんの松屋で朝定食を400円で食べることがあります。

 

確かにミニマリストとして節制食の生活習慣は大切ですが、どうせなら少し楽しい時間も持とうと考えるようになり、外食をする頻度が増えました。

 

しかし基本はシンプルな食事を心がけています

 

しかし家で朝食や昼食を食べる時には、おにぎりやうどん、焼きそばなどの数十円で作れるメニューが基本となっています。

 

ミニマリストはお金をあまり使わないところに真髄があり、それがシンプルで楽な生き方を成し遂げると思っています。

 

家にいる時には出来るだけ豪華な食事を食べないように心がけています

 

最近では1日2食の場合もある

 

私の知り合いが1日1食生活をしていることを知り、私もはじめは半信半疑でしたが、私もプチ絶食を経験したこともあり、食事の量を少し減らしていく考えを持っています。

 

本格的な1日1食みたいなことは無理があると思っていますが、昼食を抜くことぐらいは出来ると思い、たまに昼ごはんを食べない日もあります。

 

昼ごはんを食べないと胃の中が完全に空になり、なんだか体調が非常に優れていると実感しています。

 

ミニマリストの人でも食事回数が少ない人も多いと思いますがので、私もそれに習って少しずつ実践的にチャレンジしてみようと思っています。

 

無料!Amazon1位 これ読んでみて!田舎で自宅で仕事できる!


 
私のブログで田舎暮らしバイブル

私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました!

1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

☑️ 自由にお金を稼ぐ

☑️ 社会や学校から自由な人生

☑️ 嫌なことをしないで良い人生

【無料電子書籍】自由な人生を手に入れる教科書

無料キャンペーン中!人生が劇的に変わります。5000件を超える読者の感想あり。

f:id:yasuisoutarou19:20180605123637p:plain


楽しい田舎生活送りませんか?(ブログカテゴリ)



Copyright © 2018 ブログで田舎暮らし All rights reserved.