スポンサーリンク

私は40歳でセミリタイアしました!【アラフォーの私の現状とは】

f:id:yasuisoutarou19:20180608085951j:plain

「セミリタイアするには何歳がベストか?」

「40歳にセミリタイアするのは可能か?」

皆さんはそんな悩みを抱えているのだと思います。

この記事を読むと、40歳のセミリタイアがそんな感じなのかよく分かりますよ。

セミリタイアは何歳からが一番理想か?

多くの人はセミリタイアして悠々自適の生活をしたいと考えていると思いますが、果たして何歳ぐらいからセミリタイアするのが理想だと思いますか?

インターネットなどを見るとブログやツイッターで20代の若い世代がセミリタイア生活を送っているようですが、これは少し難しいかもしれませんね。

当然インターネットで収入をかくをしていればセミリタイアは出来ると思います。

しかし私の考えでは収入が確実に安定してきた時期にセミリタイアをするのが理想だと考えています。

そうしないとセミリタイアしてもお金の問題が噴出してしまいなかなか幸せな生活を実践することは難しくなるからです。

やっぱり収入や貯金が安定してないと難しい

私は大学を中退して第三セクターで数年間働いていましたが、精神的な病が発病してしまい泣く泣く自宅で療養生活をすることになりました。

アルバイトなどをして何とか収入を確保しようと思いましたがそれも難しく、インターネットで自宅でのんびりとお金稼ぎをしようと考えることになったのです。

インターネットでセミリタイアした人のブログに出会い、私もセミリタイアを志してはいましたが、なかなか収入が安定せずにセミリタイアする話も忘れていたのです。

なんとかインターネットで生活費をギリギリ確保しながらブログを書いたりしていました。

しかしアラフォーの四十歳になるぐらいで、毎月の収入が平均で20万円ぐらいになることが出来やっとセミリタイアのチャンスが巡ってきたのです。

私はセミリタイアしてブログとライターの副業をしています

私はセミリタイアするために、インターネットを使って何かの副業をしようと考えていました。

3年ほど前から文章を書くライターの仕事と自分でブログを書いて収入を確保しようと決意したのです。

現在はライターとブログの副業で、毎月30万円ほどの収入になっています。

初心者でもライターの仕事で副収入稼げますよ

安井荘太郎
安井荘太郎
私も初心者から初めて3ヶ月ぐらいで月4万円ほど稼げました。
以下の2つのサイトに登録すれば仕事は山のようにあります。
【無料登録】▶️クラウドワークス
【無料登録】▶️サグーワークス
※現在ライターの仕事で副収入を稼ぐ人がドンドン増えています。

収入が稼げる無料ブログを作りませんか?

安井荘太郎
安井荘太郎

最近は無料ブログで副収入を稼ぐ人が増えています。

私も初めはシーサーブログでブログをスタートさせました。

【無料登録】▶️【Seesaaブログ】
※シーサーブログは広告収入がOKの無料ブログで大人気です

アフィリエイトを始めるにはA8ネットに無料登録して商品を紹介できます。

【無料登録】▶️A8.netの申し込みページはこちら
※ブログで広告収入を稼ぐなら必須のサービス!皆んな使っているよ

やっと念願のセミリタイア生活ができるようになりました。

詳しい内容は以下の私の記事を参考にしてくださいね。

※セミリタイアしてなんの仕事をしようか迷っている人はぜひ読んでね!

セミリタイア後にネットで20万円!【副業を仕事にすればリッチ】
セミリタイア後の人生計画で、仕事の問題は一番の悩みですよね。私の場合はインターネットでブログを書きながら副業の仕事をこなしています。安定した継続収入なので、のんびりリッチに1日1時間ぐらいで月収20万円ぐらいを稼いでいます。

私はアラフォーでセミリタイアしました

私は四十歳のアラフォーでセミリタイアを実行に移すことになりました。

私の家庭は厳格な家庭で良識ある社会人になるための教育をしていましたので、私がセミリタイアするということに関してあまり良い雰囲気ではなかったです。

しかし自分できちんとお金を稼いでいて、家にも生活費を納めているので反対されることはありませんでした。

セミリタイアした時には、今までの自分が苦しかった人生が走馬灯のように蘇ってきて本当に感無量だったです。

社会で苦しんであり病気で苦しんだりしていましたので、私にとってやっと夢ユートピアの楽園で生活することができることに私は涙が出そうになりました。

ネットでの継続収入があるから可能です

多くの人もセミリタイアして悠々自適なのんびりとした生活を送りたいと思っていると思いますが、やっぱりお金の問題というものは死ぬまで自分に大きな影響をもたらしてきます。

最近では若い世代でブログを書いて収益を確保しながらセミリタイア生活を行っている人達が非常に多くいます。

私も若い世代人たちに多くの影響を受けていて、インターネットで継続収入を確保するために色々と勉強しました。

ネットの継続収入があるからこそセミリタイア生活が安定してできるわけでありますので、このネット収入を一生涯確保しなければなりません。

40歳ぐらいが落ち着いていてちょうど良い感じ

私も若い頃には遊びまくっていて、パチンコをしたり麻雀をしたりしながら無駄なお金を使いまくってしまい人生が堕落していました。

でもアラフォー世代の四十歳ぐらいになった時に自分の内面が安定して落ち着いてきたのです。

だからそれほど無駄なお金を使うこともありませんし、ギャンブルをしたり遊びまくったりすることもなくなりました。

やっぱり四十歳ぐらいが一番丁度良いセミリタイアの年齢かもしれませんね。

私は結婚もしていないし子供もいません

私は一人でいることがとても好きで孤独を愛する人間のタイプです。

だから女性とお付き合いをして結婚をしようという考えもなく、子供が欲しいと思ったこともまだありません。

だから人生を生きていく上でそれほど多くのお金を必要とするわけでもないし、社会人みたいに一生懸命働いて多くのお金を稼がなくても良いわけです。

自分が一生涯生きていく上でどれくらいのお金が必要なのかあらかじめ計算していますので、それほどストレスを溜めてアクセスする必要はないのです。

自宅で両親と同居できるのでもしもの時に安心

私は岡山の南部で両親と三人で暮らしています。

両親はそれぞれもう定年の年齢が来ていますので、年金をもらいながら悠々自適に楽しみながら生活しているようです。

私も実家で暮らしていますので、家の家事旦那の手伝いを積極的にしながら両親三人とのんびり暮らすことができています。

まだまだ両親は健在なので、介護をしないといけないとかまだまだ先の話になりそうですね。

残りの40年間は自分のしたいことをやって生きる

私は人生の前半の40年は波乱万丈の人生であり、なかなか自分の思ったような幸福を手に入れることはできずにいました。

しかし四十歳からの後半の40年間は、自分の理想を追い求めてやりたいことを徹底的にやり尽くす人生にしたいと思っています。

なんとかインターネットで生計が立てられるまでにお金を稼ぐことができましたので、あとは自分の趣味の時間などを増やしてのんびりと人生を生きていく予定です。

社会から離れるのはなんて心地よいのだ

私は子供の時から優秀な人間で、勉強にスポーツに人一倍の実績と成果を上げてきました。

だけどそれが仇となって、自分の自由を完全に失ってしまい牢獄の中で生活しているような人間だったのです。

しかしセミリタイアをして社会から離れることになり、私は幼少期からの夢と理想だった楽園の生活を手に入れることができるようになりました。

自分のやりたいことをいつでもできる環境で生活していると、人生がこれほど幸せだったのかと疑いたくなるような感じがします。

40歳でも子供みたいに楽しいことばかりしています

現在は43歳になりましたが、まるで子供みたいに小さな頃からやりたかったことを毎日好きなだけあっていますよ。

小さな時にできなかったゲームをすることや、漫画や本を読むことだっていくらでもできてしまいます。

セミリタイアして本当に生まれて初めて心の落ち着きと平穏を持ったような気がしますので、皆さんも是非自分の理想のセミリタイア人生を送れるように少し努力してみてくださいね。

楽園の地にたどりついたら本当に今まで苦労してよかったと実感できますよ。

セミリタイアして一体何か変わったか?

私はセミリタイア生活を始めて何が変わったのかを紹介します。

  • 朝時間を気にして起床せずにすむ
  • 仕事時間はその日の体調次第
  • のんびり自分の趣味や娯楽に時間を使える
  • 家族といつも楽しい時間を過ごせる
  • 平日外出する時が多いので、全然人がいなくて楽チン
  • 仕事のストレスがないのでいつも健康的
  • 自分が好きな時に旅行に行くことができる
  • とにかく昔の友人からうらやましがられる
  • 昼間に昼寝ができる

 

本当にセミリタイアのメリットを挙げればキリがありませんが、少しでも頑張ってセミリタイアした方が得られるメリットが圧倒的に多いです。

40歳というのは、普通の社会では働き盛りの年代ですので、昔の友人や知り合いは夜遅くまで会社で働いています。

そんな時に、のんびり自宅やカフェでコーヒーでも飲みながら音楽を聴いていると、自分はなんだか勝ち組のような気がしてきます。

欧米ではいかに労働人生を短くするかが重要とされています

自由を求めて

 

日本人は、定年まで一生懸命会社に尽くしながら、家族を養い贅沢をすることばかり考えています。

しかし欧米では、いかに労働人生を短くするかが重要であり、なるべく若くして資産を築きセミリタイアするかが大切な価値観なのです。

セミリタイアの意味は、仕事はするが社会や会社に束縛されないことが重要なので、社会的な束縛や支配から離脱することが一番の目的になります。

私の場合はブログを書きながら、毎月25万円ほどの収入があります。基本は1日2時間ぐらいの仕事時間でその収入が可能ですので、全く楽してお金を稼いでいます。

仕事時間を短くして、自分の好きな趣味や娯楽に時間を多く使えるのは本当に幸福な人生の理想なのです。

ぜひ日本人も欧米人の価値観を少しでも取り入れ、40歳のアラフォーぐらいの年齢でセミリタイアを目指しても良いのではないでしょうか?

若い年代で社会から離れるのは快感

私は子供の頃から学校に行くのがあまり好きではなく、社会に入るのにどことなくマイナスのイメージを持っていました。

社会生活とは自分の自由を束縛されて誰かに支配されている生き方であり、私は子供ながら家庭や社会から解き放たれたいといつも思っていたのです。

大学生時代になると社会人として仕事をしなければいけない時期が来ることが苦痛でたまらなくなり、私は次第に投げやりな人生花と足を踏み入れたのです。

大学を中退して一般の中小企業で働くことになりましたが、労働環境は劣悪で長時間労働が当たり前の仕事内容でした。

このように社会の中で何かに支配されて生活していくということは、 自分らしく自分の人生を歩んでいくことは無理だと悟ったのです。

現在では仕事を退職して40歳でセミリタイア生活を始めています。

仕事の内容はブログを書くことで、毎日1時間から2時間の仕事時間でのんびりと少ないお金で暮らすようにしています。

まだ40歳で社会から離れてるということは、なんだか自分が勝ち組のような感じがして爽快感がいっぱいですよ。

中には仕事をしていなくて遊んで暮らしていると勘違いしている親戚もいますが、しかしそのような昔の凝り固まった価値観を持ってる人とはほとんどお付き合いをしていません。

自分の幸せなので、他人の批判や非難は関係ないと割り切って生きることが、若くしてセミリタイア生活を送る秘訣ですよ。

セミリタイアは今後最先端の文化になる

今後セミリタイア生活は多くの人たちの中で一般的な人生の生き方へと変わっていくことでしょう。

日本は定年が60歳だとか65歳だとかと言われていますが、世界的に見ればもっと早くして隠居生活を送っている人たちもとても多いのです。

なんでも社会的な一般基準で物事を考えるのではなく、世界的な広い視野を持って自分の人生を考えていくことが今後当たり前となってくるでしょう。

会社や社会に貢献して素晴らしい人間だと思われているのが日本人ではありますが、もっと個人的な喜びや幸せに焦点を当て生きていく生き方がブームとなってくることは間違いありません。

そんなに社会的に凄い人にならなくても、自分で納得して満足できる人生ならばそれが最高だとは思いませんか?

労働人生からプライベートを楽しむ時代へ

日本人は労働人生を送ることが男として立派なことであると教え込まれてきました。

目上の人のために一生懸命力を尽くすことが理想とされ、個人のプライバシーの幸せを台無しにしていたのです。

私も子供時代からそのような教育を受けてきたので、両親のために一生懸命勉強やスポーツを頑張る人間でした。

しかし本当に自分がやりたいことはまた別にあって、それを実践することに罪悪感を感じていたのです。

四十歳になってセミリタイアができるようになり、私は本来の自分の幸せと自分らしい生き方を考えるようになりました。

今まで自分を犠牲にして家族のためや社会のために働いてきた私ですが、やっと本当の自分らしい生き方ができるようになったのです。

皆さんもセミリタイア生活を始めようと悩んでいる人達も多いと思いますが、自分の人生ですので他人の支配の中で苦しむのではなく、本当に自分で自由をつかむチャンスだと思ってください。