▶︎無料や割引で自分の地域の飲食店を利用する方法
スポンサーリンク

ミニマリストの驚きの家賃は?田舎と都会を徹底比較【体験談あり】

f:id:yasuisoutarou19:20180312062021g:plain

皆さんミニマリストとして家賃はどれぐらいが妥当か気になりますよね。

私もミニマリストを始めた頃は、他の人はどれぐらいの物件に住んでいるか気になってしょうがなかったです。

この記事を読むと、都会と田舎のミニマリストの家賃の相場と傾向を詳しく知ることができます。

あなたも素敵なミニマリスト生活を存分に楽しんでくださいね。

それでは記事を見ていきましょう!

都会と田舎は家賃の相場が違う

f:id:yasuisoutarou19:20180830135632j:plain

都会と田舎は物価が違ってきますので、どこで生活するかが重要な鍵を握ってきます。

後は住居やマンション、アパートにどれだけ費用がかけられるかお金の問題も大きく影響を受けてきます。

私は実家暮らしですので、家賃の問題は全く何もなく、親に感謝しながら岡山の自宅でのんびりミニマリスト生活をしています。

しかしネットなどで調べると、家賃の問題は本当に大きな問題として、皆さん必死に快適な生活を求めて繁茂に引越ししているようです。

都会と田舎では家賃の相場がまるっきり違ってきますので、都会で生きていくにはある程度の生活費がかかっても仕方ない印象もありますよね。

スポンサードサーチ

ミニマリストとして都会で暮らすには家賃相場は?

基本的に都会のミニマリストは田舎と比べても比較的家賃が高い物件に住んでいる場合が多いです。

都会のミニマリストは、基本サラリーマンやOLである場合が多く、田舎のように半自給自足生活などをしながらではありません。

私の知り合いの方に東京のミニマリストの方がいますが、彼は普通のIT企業に勤めていて、10万近い家賃の物件に住んでいます。

無駄なものを持たない生活が理想なのですが、自分が住む家や部屋というものは彼らにとってみれば最大限必要なものなのです。

私が色々な都会のミニマリストを調べた結果、家賃相場は6万円から10万円の間ぐらいが一番多いです。

最近ブームとなっているシェアハウスに住む場合は3万円前後に住むことができる物件が多いですよ。

中には雑居ビルなどの激安物件に住んでいる人もいるようですが、やはり都会でそのような暮らしをするのは少し抵抗がある人も多いはずです。

都会の人は清潔な人が多いので、共同トイレや共同風呂などの生活はできないのだと思います。

スポンサードサーチ

ミニマリストとして田舎で暮らすには家賃相場は?

f:id:yasuisoutarou19:20180830135726j:plain

田舎でミニマリストとして暮らすには、やはり一軒家を借りるのが効率的だと思います。

結構な田舎に行けば、無料の物件や月数千円程度の物件も山ほどあると言われています。

田舎でも街に行けばある程度の家賃は覚悟しないと行けませんが、田舎の古い一軒家を借りて生活するなら、住居に関する費用は極限まで下げることができますよ。

私は岡山市の南部に住んでいますが、少し離れた田舎に行くと空き家がたくさんあります。

そこを市町村などに連絡を入れて、空き家バンクなどの制度を活用することで激安物件を探すことができるのです。

詳しくは以下の記事で説明していますので、ぜひご覧ください。

※田舎暮らしで格安物件を探す人にオススメの探し方を解説しています

田舎暮らしの格安賃貸物件知ってる?【無料の掘り出し物もいっぱい】
田舎暮らしで賃貸物件を借りようと思っている人は、格安物件や激安物件を賃貸することはさほど難しいことではありません。無料物件もたくさんある。ネットでもボランティアの人とやり取りをすれば、びっくり仰天の賃貸物件に出会えますよ。

田舎での家賃の相場は3000円ぐらいから5万円ぐらいになると思います。

少し古くても良いなら空き家に入れば家賃が相当浮きますよ。

結局自分がどれだけお金を持っているかです

f:id:yasuisoutarou19:20180829200145j:plain

しかし都会で住む場合も、田舎で住む場合も住居費にどれだけお金を使えるかは、やはり自分の収入と貯金が大きく関係してきます。

お金の問題があまりない人で、きちんとした収入源を持っている人は、少々高くても生活しやすい便利な物件を探したほうが理想的な生活ができるでしょう。

お金があまりなく収入が低い人は、都会でも田舎でも激安物件を借りて生活するのもありだと思います。

しかし生活環境が非常に悪いので、あまり長期間のミニマリスト生活に耐えられない人が多くいるのも事実です。

お金の余裕ができたらもっと良い物件を賃貸すれば良いと思いますよ。

住む物件は自分の幸福度にダイレクトに影響してきますよ。

スポンサードサーチ

都会の良さと田舎の良さは基本的に違っている

都会に住む場合にも都会のメリットがありますし、田舎に住む場合にも田舎のメリットがあります。

都会のメリット

  • お金があれば楽しい暮らしが待っている
  • 遊ぶスポットが多い
  • 人がたくさんいるので友達も多い
  • 病院などがたくさんあり安心
  • 仕事の数も圧倒的に多い
  • 格安の飲食店もある

田舎のメリット

  • 野菜などを自給自足できる
  • 釣りをすれば魚に困らない
  • 遊ぶところがないのでお金をあまり使わない
  • ファッションなどにお金を使わなくなる
  • ネットがあれば田舎でも問題ない
  • ネットの仕事をすれば田舎でもお金が稼げる

都会のデメリット

  • とりあえず生活費が高い
  • 交際費に結構お金がかかる
  • 移動費に結構お金がかかる
  • お金がないと不幸を感じる

田舎のメリット

  • 遊ぶ場所が少ない
  • 外食するのに店が少ない
  • 人がいないので寂しくなる
  • 田舎の人間関係がめんどくさい
  • 移動するのに車やバイクが必須

このように都会にも田舎にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

自分の性格や価値観によってどちらで住むのが効果的なよく考えておく必要がありますね。

私は田舎で住んでいますので、ミニマリストとして現在の生活に慣れています。

住めば都ということわざもあるように、慣れが肝心ですよ。

ミニマリストの生活パターンも相違点が多い

f:id:yasuisoutarou19:20180830093421j:plain

都会の人は夜遅くまで起きている人が多く、結構お金を使って自分の楽しみを見つける人が多いですよね。

田舎の人は早寝早起きで、お金をあまり使わない喜びを見出す人が多い特徴があります。

都会も田舎でもミニマリストの人は非常に増えてきていて、両者それぞれの生活スタイルを確立しています。

私は田舎のミニマリストなので、田舎暮らしを満喫しながらセミリタイア生活を目指して人生を送っています。

都会に住みたいという思いはもうほとんどなく、田舎暮らしに慣れましたので、今後は理想のセミリタイア生活を満喫するのみです。

もし田舎のセミリタイア生活に興味がある人は以下の記事を参考にしてください。

※田舎暮らしのセミリタイアの生活費を詳しく解説しています

私のセミリタイアの生活費を紹介!【必要な金額と費用を解説するよ】
セミリタイアを考える際に、生活費として費用や金額はどうなっているのか不安ですよね。私の実例を挙げて分かりやすく紹介します。もう迷うことはありませんね。

スポンサードサーチ

ミニマリストは物質に縛られない

最近東京中心にブームとなっているのがミニマリズムという考え方で、無駄なものを持たずシンプルな生活を志す生き方であります。

ミニマリズムを追求していけば無駄なものから解き放たれた本質的な生活を追い求めることができます。

お金や物質に支配されている現代人にとってみれば、開放感あふれる最高の生活スタイルになります。

最近では若者がミニマリストとして生活を志していますが、問題なのはどのような物件に住めば良いと言うことであります。

少ないお金でシンプルな生活をすること目標としていますので、それほど高額物件に住む人は少なくなっています。

ミニマリストはファッション性ではなく機能性を重視する

都会のミニマリストたちは多くのお金を持っていて、ファッションセンスがあり、ハイセンスな生活をしている人たちがたくさんいます。

しかしミニマリストの根本的な考え方は無駄なことを徹底的に排除した生き方であります。

よってファッション性を求めるのではなく、機能的な生き方をするのが正解でありますよ。

多くのお金を使えばファッション的な生き方となってしまいますので、どうしてもお金がたくさん必要になってきます。

それではミニマリズムを追求していく意味がありません。

高い家に住むのはお金の無駄だと考える

f:id:yasuisoutarou19:20180830135826j:plain

どのような家に住むか悩んでいる人たちも多いと思いますが、基本的に生活する必要最小限度の機能が備わっていればそれでよいとする人たちが多いです。

多くの部屋も必要ないですし、少ない部屋で十分に生活することができますので、それほど家賃の高い部屋に住む必要はないかもしれませんね。

多くのお金を持ってる人は高級マンションなどに住んでいて、ミニマリストとして生きている人もいます。

やはり少ないお金で自由に楽に暮らしていくのがミニマリストの最大のメリットでありますので、高級マンションや家賃の高い家に住む必要は全くありません

田舎だったら月に2万円以内の物件はたくさんある

ミニマリストとして生きるならば都会よりも田舎できるほうが断然に効率が良く、家賃のほうも非常に安い物件がたくさん転がっていますので、ぜひ田舎の移住先を調べてみてください。

田舎に行けば月に2万円以内の物件はたくさんありますので、是非都会から離れて田舎で生活する選択肢をとったほうがミニマリズムを追求していくにはもってこいでありますよ。

都会のミニマリストは本質を忘れている

f:id:yasuisoutarou19:20180830140313j:plain

インターネットやテレビなどでミニマリズムが紹介されていますが、そのような人たちは基本的に都会に住んでいる人たちなので、本当のミニマリストとしての本質的な生活とはまた若干違っています。

都会に住んでいる先進的な人たちの間で、私がミニマリストだと言ってる人たちもいますが、それはお金持ちの道楽であり、ミニマリズムの本当のメリットをあまり享受していません。

ミニマリズムの本質的なメリットは、金銭的社会や物質的な社会に依存せず、シンプルな生活で負担のない生活を送ることです。

これは節約生活とも似ていますが、「多くのお金も必要としなければ長時間労働しなくてすみますよね」ということです。

多くの物を購入しなければそんなにお金儲けしなくても良いですねということです。この考え方は田舎での生活に最も親和性がある生き方です。

やはり生活拠点は田舎がベスト

やはり都会でミニマリストとして生きていくよりは生活拠点を田舎に移したほうが圧倒的メリットが高くなるのです。

都会は物価が非常に高いので生活するには非常に不便な面がありますよ。

もし東京に住んでいるのならば生活拠点を田舎に移して、お金を使わない生活を目指してみてはいかがでしょうか。

田舎はお金を使う場所がほとんどなく、物やお金に囲まれて生活する必要もありませんよ。自然が広がっていてミニマリストとして生活するにはもってこいなります。

まとめ

私も若い時に都会で生活したことがありますが、都会で住んでいると非常に誘惑が強いので非常に多くのお金が必要となりました。

今では田園地帯が広がる田舎で生活していますので、それほど多くのお金を必要としなくなったのです。

田舎に住んでいると本当に家賃が非常に安い物件がたくさんありますし、ド田舎ならば2万円以内の物件は転がるほどあります。

都会で多くの金を使って浪費していくよりも、田舎に生活拠点を移して節約生活をしていくのがミニマリストとして最も適している生き方であります。

ぜひ田舎の良さを実感してミニマリズムを極めてほしいと思います。

追記 自宅に住めば家賃は0円です

私は若い時代には、都会に出て一人暮らしに憧れいました。

大学生時代にも京都で一人暮らしをして楽しんで遊びながら生きていましたが、やはり家賃や光熱費などお金がたくさんかかるのも事実です。

現在は岡山の南部の自宅で両親と同居をしています。

家賃は必要ないですし、光熱費も両親が出してくれていますので、無駄なお金を使うことなく安心して暮らせています。

ミニマリストの人は都会で生活するのが理想だと思いますが、田舎で親と同居しても全く問題ないのですよ。

田舎で生活すると、無駄な誘惑がほとんどなく、お金もそれほどたくさんいりませんので、本当にシンプルで楽な人生を送ることができます。

皆さんももっとミニマリストとして楽にシンプルに生きたいならば、両親と同居をすることも選択肢に入れておいて欲しいと思います。

追記 ミニマリストはとにかく固定費を下げること

f:id:yasuisoutarou19:20180826171714j:plain

家賃の問題もそうですが、ミニマリストは生活する上での人生の固定費を極限まで下げることも重要です。

スマホでも格安スマホを使えば良いですし、インターネットでもできるだけ安いプランを活用することです。

また食費なども無駄な食費を省いて、シンプルな食生活を基本とすれば、人生シンプルでもっと楽に生きれます。

ミニマリズムは無駄なものを省いて、人生をよりシンプルに生きる生き方ですので、無駄をなくす努力と生活習慣が大切なのです。

家計の固定費をどれだけ下げるかが重要ポイントですので、ぜひもう一度自分の毎日の生活を見直してみましょう。

☑️記事を読んで詳細な内容をもっと知りたい方は以下の書籍をどうぞ