スポンサーリンク

山次郎のデカ盛りメニューと金額を紹介【大盛り過ぎる】

この記事は約3分で読めます。

山次郎

スポンサーリンク

山次郎の紹介

息子ラーメン700円 小ラーメン600円 ラーメン700円 小豚ラーメン700円 ラーメンヤサイマシアブラ少なめ700円 ブタマシ ヤサイマシマシ800円) ラーメン 野菜・ニンニクマシ700円

北海道は札幌ラーメンなどが有名ですが、最近では東京で大人気の二郎系ラーメンを出すお店が少しずつ増えています。是非その圧倒的なボリュームを体感してくださいね。

チャーシューが非常に分厚く食べごたえが満点です。スープの味もニンニクのパンチ力が効いていて、化学調味料の独特な味がしますよ。最後まで、食欲全開で食べきることができます。

View this post on Instagram

和え麺 やさい 600えん

A post shared by NT (@nt_gohantaberu) on

普通のラーメン以外にも、つけ麺があり、結構喉越しが良く美味しく食べれますね。二郎系ラーメンは野菜もしっかり取れるので、栄養価もそれなりにあります。

もやしがてんこ盛りに入っていて、麺まで行き着くまでに相当な時間がかかりますね。デカ盛りボリュームの二郎系ラーメンに挑戦してみてはいかがですか?

山次郎の口コミ

キタキタ。今日はどうするか。自分の腹の具合を確認する。よし。「ヤサイマシ、アブリで。」僕はこう伝えた。友人はもちろん「ゼンマシマシアブリ」。テーブル席に座った者は、店員の盛り付けたラーメンを自分でカウンターまで取りに行く。くぁ〜、うまそう。初めてきた時は、ノーマル(量の変更無し)でもキツかったが、今やヤサイマシも簡単に平らげてしまえるようになった。香り高い麺と、ほどよい塩気のスープ、豚の脂が絡み合う。旨すぎる。舌を火傷しながらも、麺をすする口が止まらない。アツい。ウマイ。

店に着いた時は、並ぶほど混んでいたのに、僕らが食べ終わる頃には店内に僕ら以外誰もいなくなっていた。用意されたふきんでテーブルを拭き、器をカウンターの方まで持って行く。「スイマセン。アリガトウゴザイマス」。大満足の我々は、互いの目を見て、良い山次郎であったことを無言で確認し、店を後にした。

スポンサーリンク

店舗情報

所在地: 〒001-0013 北海道札幌市北区北13条西4丁目1−5
時間:
月曜日 定休日
火曜日 11時30分~14時30分, 17時30分~20時00分
水曜日 11時30分~14時30分, 17時30分~20時00分
木曜日 11時30分~14時30分
金曜日 11時30分~14時30分, 17時30分~20時00分
土曜日 11時30分~14時30分, 17時30分~20時00分
日曜日 11時30分~14時30分, 17時30分~20時00分
電話: 011-756-4800

スポンサーリンク

北海道のデカ盛りまとめ記事も参考にしてください

【メニュー金額あり】北海道の衝撃デカ盛りグルメBEST5【大盛り!】
皆さん北海道のデカ盛りグルメを知っていますか?北海道はグルメの宝庫で大盛りグルメもたくさん存在しています。魚介や海鮮の美味しいお店が山ほどありますので、観光の際にはぜひこの記事を参考にデカ盛りグルメを満喫してくださいね。